旧耶馬溪鉄道第二山国川橋梁

旧耶馬溪鉄道山国川第二橋梁

大分県中津市に残る大正2年開業の耶馬溪鉄道の橋梁が旧耶馬溪鉄道山国川第二橋梁(第二山国川橋)。現在はメイプル耶馬サイクリングロード(全長35km)に転用され、自転車で橋を渡ることができます。旧耶馬渓鉄道(開業時は軽便鉄道)は、中津駅から守実駅までの36.1kmを大正時代に3期にわたって建設されたもの。

耶鉄」の橋梁はサイクリング道の橋に転用

旧耶馬溪鉄道山国川第二橋梁

大正3年に完工した2期工事(樋田~柿坂間10.5km)で完成したのが、第二山国川橋梁で、9基の石橋橋脚とゆるやかな曲線が被写体として人気。
土木学会の近代土木遺産にも認定されています。

耶馬溪鉄道は、昭和20年に大分交通になり、大分交通耶馬渓線として戦後も運行されましたが昭和50年に廃線になっています。
開業時には軌間762mmの軽便鉄道でしたが、昭和4年に1067mmへ拡幅されています。

現在はメイプル耶馬サイクリングロードに転用。
平成24年夏の豪雨で被災し、橋の一部が流失しましたが、平成26年に再建されています。

旧耶馬溪鉄道では、旧耶馬渓鉄道一号厚ヶ瀬トンネル、旧耶馬渓鉄道二号厚ヶ瀬トンネル、旧耶馬渓鉄道平田駅ホームが国の登録有形文化財になっています。

旧耶馬溪鉄道山国川第二橋梁
名称 旧耶馬溪鉄道山国川第二橋梁/きゅうやばけいてつどうやまくにがわだいにきょうりょう
所在地 大分県中津市耶馬溪町栃木・柿坂
関連HP 中津耶馬溪観光協会公式ホームページ
ドライブで 大分自動車道玖珠ICから約24kmで耶馬渓サイクリングターミナル
駐車場 なし(レンタサイクル利用の場合はレンタサイクル施設の駐車場を利用)、耶馬溪町柿坂の山国川河川敷にも駐車可能
問い合わせ 中津市観光推進課 TEL:0979-22-1111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
旧耶馬渓鉄道一号厚ヶ瀬トンネル・二号厚ヶ瀬トンネル

旧耶馬渓鉄道一号厚ヶ瀬トンネル・二号厚ヶ瀬トンネル

大分県中津市、昭和50年に全線廃止となった大分交通耶馬渓線(旧耶馬溪鉄道)の跡地は、現在サイクリングロード「メイプル耶馬サイクルライン」となっていますが、旧耶馬渓鉄道一号厚ヶ瀬トンネル(25m)、二号厚ヶ瀬トンネル(32m)は、ともに大正2

旧耶馬渓鉄道平田駅ホーム

旧耶馬渓鉄道平田駅ホーム

大分県中津市、昭和50年に全線廃止となった大分交通耶馬渓線(旧耶馬溪鉄道)の跡地は、現在サイクリングロード「メイプル耶馬サイクルライン」となっていますが、平田駅ホームは、大正3年築造の石造プラットホームが現存し、国の登録有形文化財に指定され

メイプル耶馬サイクルライン(大分交通耶馬渓線廃線跡)

メイプル耶馬サイクルライン(大分交通耶馬渓線廃線跡)

大分県中津市の景勝地、耶馬渓(やばけい)の渓谷沿いに設けられた自転車専用道がメイプル耶馬サイクルライン。実は大正2年に耶馬渓鉄道として開業し、昭和20年に大分交通耶馬渓線となった鉄道の廃線跡をサイクリング道に転用したもの。途中にはトンネル、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ