新潟まつり|新潟市|2019

新潟まつり

2019年8月9日(金)~8月11日(日・祝)、新潟県新潟市で『新潟まつり』が開催されます。『新潟まつり』は、住吉祭、商工祭、川開き、開港記念祭という歴史ある4つの祭りが一つとなって昭和30年に第1回がスタートしたスケールの大きなイベント。金曜『大民謡流し』、土・日曜『住吉行列』、日曜の『花火大会』がメインです。

大民謡流し、住吉行列、花火大会が三大イベント

新潟まつり
大民謡流し
新潟まつり
住吉行列

新潟甚句や佐渡おけさを踊る日本最大級の『大民謡流し』、古式ゆかしい衣装を身にまとい、1kmにも及ぶ行列が市内を練り歩く『住吉行列』、夏の夜空を彩る『花火大会』がメインイベントで、『住吉行列』の行なわれる土曜にはブラスバンドの演奏や、バトン、鼓笛隊、ダンスや仮装行列、新潟万代太鼓、新潟古町芸妓による山車などによる『新潟キラキラパレード』が加わっています。

金曜19:00〜20:30に行なわれる『大民謡流し』は、それぞれ揃いの浴衣に身を包んだ踊り手の数は約1万5000人。
新潟のシンボル萬代橋をメインに、柾谷小路など繁華街のあちこちで踊りの輪ができますが、一般の人も飛び入り参加が可能。
新潟甚句は、柾谷小路〜萬代橋、東大通。

土曜10:00~・14:20~の『住吉行列』は、古式ゆかしい衣装を身にまとい1kmにもおよぶ行列で市内を練り歩くもの。
住吉行列に続き、勇壮な万代太鼓、いなせな御輿、粋な芸妓連、子供御輿が続きます。午前は、柾谷小路・新潟中郵便局前出発。
午後は古町通10番長出発。

新潟まつり
新潟キラキラパレード
新潟まつり
水上パレード

『新潟キラキラパレード』は、土曜10:20〜。
ブラスバンドの演奏や、バトン、鼓笛隊、ダンス、踊りや仮装行列、新潟万代太鼓、新潟古町芸妓による山車など、約1000名におよぶ参加者が様々な工夫や楽しいアイディアで柾谷小路・新潟中郵便局前から メディアシップ前をパレード。

満艦飾に彩られた約50隻の船舶による水上パレードに守られた『水上みこし渡御』は、土曜12:40〜13:30(万代島水産物物揚場 → 信濃川左岸 みなとぴあ上流付近)。

日曜10:00~・13:00~・14:10~は、『住吉行列』。
午前は、上大川前通4出発、
午後は13:00が本町通8出発、14:10が学校町通2出発。

新潟まつりのクライマックスを彩るのは花火大会。
日曜19:15〜20:55、昭和橋西詰を会場にナイアガラ大瀑布や、まちなか音楽花火、新潟の夜空を彩るスターマインの大輪、大型ワイドスターマイン「エボリューション」などが打ち上げられ、信濃川の川岸に集まった十数万人を熱狂させます。
信濃川の両岸のやすらぎ堤から観覧可能。
新潟市陸上競技場に有料観覧席を用意。メインスタンド席に腰を下ろし、場所取りをすることなく、大迫力の花火をお楽しむことができます。

新潟まつり
フィナーレを飾る花火大会
新潟まつり|新潟市|2019
開催日時 2019年8月9日(金)~8月11日(日・祝)
所在地 新潟県新潟市中央区万代
場所 萬代橋周辺
関連HP 新潟まつり公式ホームページ
電車・バスで JR新潟駅から徒歩10分
ドライブで 日本海東北自動車道新潟亀田ICから約7km
駐車場 2000台(万代シティ第1〜3駐車場)/有料
問い合わせ 新潟まつり実行委員会 TEL: 025-290-4411
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
新潟まつり花火大会

新潟まつり花火大会

毎年8月上旬の金・土・日曜に行なわれる『新潟まつり』。その最終日の日曜日に行なわれるのが『新潟まつり花火大会』。日本一の大河・信濃川の昭和大橋近くを打ち上げ会場に、例年50万人もの人出を集める花火大会になっています。新潟駅から徒歩圏内という

萬代橋

新潟市の旧市街と新市街を結ぶ全長307mのアーチ橋が萬代橋(ばんだいばし)。信濃川に架かるこの橋が、初めて建造されたのは、明治19年。当時は萬代橋(よろずよばし)と呼ばれた木橋で、全長782mと国内最長を誇っていました。当時の新潟県は日本で

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ