大法寺

大法寺

長野県小県郡青木村にある天台宗の古刹が大法寺。8世紀初頭、律令時代の始まりとともに、朝廷と東国を結ぶ令制東山道(りょうせいとうざんどう)の浦野駅(うらののうまや=現・青木村当郷の浦野駅跡公園)が近くにあったこともあり、その駅寺だったと推測できます。現存する三重塔は鎌倉時代の築で、国宝です。

三重塔は信州に5ヶ所しかない国宝建築物

国宝三重塔

奈良時代の大宝年間(701年~704年)、藤原鎌足(ふじわらのかまたり)の子・定恵(じょうえ)の開基と伝えられていますが、定恵は天智天皇4年(666年)に没しているので、年代が合わないことになります。
令制東山道の浦野駅は保福寺峠を控えて15頭の馬を配備する駅でした(通常、東海道・東山道は10頭を配置と養老律令の「厩牧令」に定められていました)。
駅には駅寺があるのが通例だったので、大法寺はその駅寺だった可能性が高く、大宝年間創建という伝承とも一致します。

十一面観音菩薩立像、普賢菩薩立像など寺に伝わる仏像は、平安時代の作で国の重要文化財。
厨子と須弥壇は、室町時代の作でやはり国の重要文化財になっています。
伽藍の最も高い位置に建つ三重塔は、正慶2年(1333年)建立の和様の塔で、国宝。
巨大なカヤの大木は、戦国時代の永正8年(1511年)、本堂再建時に植えられたと伝えられています。

律令時代の東山道は、錦織駅(旧四賀村錦部)から保福寺峠を越え、浦野駅から信濃国分寺を経て、碓氷峠(うすいとうげ/現・軽井沢)へ抜けていました。
それ以前の古東山道は、松本平を通ることはなく、伊那から諏訪を経て蓼科を越えていました。
江戸時代も松本藩主の参勤交代には保福寺峠街道が利用されていたので、現在の青木村は交通の要衝だったことがわかります。
ちなみに、大化の改新で定められた信濃国の国府は、小県郡(現・上田市神科台)にあったと推測され(諸説あり、定かでありません)、後に筑摩郡(現・松本市)に移っています。

名称 大法寺/だいほうじ
所在地 長野県小県郡青木村当郷2052
関連HP 大法寺公式ホームページ
電車・バスで 上田交通別所温泉駅からタクシーで15分
ドライブで 上信越自動車道上田菅平ICから約18km
駐車場 第1(10台)・第2(9台)駐車場
問い合わせ TEL:0268-49-2256
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
安楽寺

安楽寺

長野県上田市、「信州の鎌倉」と呼ばれる塩田平・別所温泉にある曹洞宗の古刹が安楽寺(あんらくじ)。鎌倉時代、臨済宗の僧・樵谷惟仙(しょうこくいせん)中興で、禅寺として信州最古の寺。鎌倉時代中期にはすでに鎌倉の建長寺に相当する大規模な寺となり、

前山寺

前山寺

「信州の鎌倉」といわれる長野県上田市の塩田平を代表する真言宗智山派の名刹、前山寺(ぜんさんじ)。寺伝によれば、弘仁3年(812年)、空海(弘法大師)が護摩修行の霊場として開基と伝えられます。「未完成の完成の塔」と称される三重塔は、国の重要文

常楽寺

常楽寺

長野県上田市別所温泉にある天台宗の古刹が常楽寺(じょうらくじ)。寺伝によれば、平安時代初期の天長2年(825年)、本堂の裏手から、北向(きたむき)観世音菩薩が現れたとされ、円仁(慈覚大師)が開創したと伝えられています。 北向観音堂の本坊。鎌

国宝・三重塔 全13塔完全ガイド

釈迦の舎利(遺骨)を収める仏塔のひとつが三重塔。仏教の世界観である涅槃の境地を象徴するストゥーパ(サンスクリット語: stūpa)に由来し、インドから中国に伝わって「卒塔婆」という字が当てられ、楼閣建築の形式が取り入れられて高層化。日本国内

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ