のもざき水仙まつり|2023

のもざき水仙まつり

令和5年1月7日(土)~1月22日(日)、長崎県長崎市の野母崎・長崎のもざき恐竜パーク内の水仙の丘で、『のもざき水仙まつり』を開催。野母崎の付根、軍艦島を眺める斜面には、水仙が育成され、長崎県で唯一、環境省「かおり風景100選」に選定されています。

一面の水仙の先には、軍艦島の姿が!

のもざき水仙まつり
水仙越しに軍艦島を眺望

野母崎地区にはなんと1000万本もの水仙が咲く、日本水仙の里。
温暖な気候を活かし、ニホンスイセンが自生し、野母崎地区では旧野母崎町時代からマンホールも水仙の絵柄(旧野母崎町の町花 )。

地元農家は戦前から水仙を栽培し、「長崎水仙」のブランドで出荷、65cm以上の長い水仙もあって華道家には珍重されるのだとか。

のもざき水仙まつり|2023
開催日時 2023年1月7日(土)~1月22日(日)
所在地 長崎県長崎市野母町562-1
場所 長崎のもざき恐竜パーク水仙の丘
関連HP 長崎市公式ホームページ
電車・バスで JR長崎駅から長崎バス樺島、または、岬木場行きで恐竜パーク前下車、徒歩5分
ドライブで 長崎自動車道大村ICから約54km
駐車場 長崎のもざき恐竜パーク駐車場(135台/無料)
問い合わせ のもざき水仙まつり実行委員会事務局 TEL:095-893-1111/FAX:095-893-0404
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
軍艦島

軍艦島

長崎から18.5km、野母崎近くの海上にある周囲1.2kmの島が、軍艦島。海上から眺める姿が戦艦「土佐」に似ていたことから、軍艦島の名の由来ですが、正式名は端島(はしま)。もともとは水成岩の瀬だったのですが、三菱が買い取り、端島炭坑の島に。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ