金浜眼鏡橋

金浜眼鏡橋

長崎県雲仙市小浜町金浜、金浜川が橘湾に流れ出る直前に架る石造橋が金浜眼鏡橋(かなはまめがねばし)。弘化3年(1846)に架橋されたアーチ型の石橋(眼鏡橋)で、平成5年に大きく修復されています。金浜川の河岸にも遊歩道が整備。金浜川にはコイが放流され、川遊びもできます。

平成5年に架け替えられた平成金浜眼鏡橋

金浜眼鏡橋
金浜眼鏡橋

橋長14.5m、アーチ径間11.5m、高さ4.9mという島原半島では随一という規模のアーチ石橋で、もともとは岡右衛門が架橋。
島原半島南部地震で欄干の一部が崩落したこともあり、御影石などを使って架け替えられています(旧来の石はほとんど使われず、架け替え近い大修復が行なわれ、平成金浜眼鏡橋として架橋)。

金浜眼鏡橋
名称 金浜眼鏡橋/かなはまめがねばし
所在地 長崎県雲仙市小浜町金浜
関連HP 雲仙市公式ホームページ
ドライブで 長崎自動車道諫早ICから約46km
問い合わせ 雲仙市教育委員会生涯学習課 TEL:0957-37-3113
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ