印通寺港フェリーターミナル

印通寺港フェリーターミナル

長崎県壱岐市石田町の印通寺浦(いんどうじうら)にあるのが印通寺港フェリーターミナル。壱岐島の一番南、九州本土に一番近い場所にある港です。唐津東港からの九州郵船のフェリーが発着します。博多からのジェットフォイル、フェリーは郷ノ浦港、芦辺港発着です。

唐津東港と結ぶ、壱岐島の玄関港

印通寺港フェリーターミナル

唐津東港~壱岐・印通寺港は、所要1時間45分の船旅。
航海時間が短いため、船室は2等のみ(椅子席とフロアーがあります)。
案内所、自動販売機はありますが、レストランなどはないので、飲食物は購入しての乗船がおすすめです。

印通寺港は、国道382号の壱岐島内の起終点で、唐津東港~壱岐・印通寺港のフェリー(九州郵船)は海上国道の扱い。
現在のターミナルビルは、平成19年のバリアフリーでエレベーターが設置された「エメラルドからつ」就航時にリニューアルされ、バリアフリー化されたもの。

印通寺港フェリーターミナルから、壱岐交通の郷ノ浦町(郷ノ浦港)行き、芦辺町(芦辺漁港・瀬戸浦)行き、壱岐空港行き、山崎地区行き、久喜(くき)・若松地区行きのバスが運転されています。
海水浴シーズンには、筒城浜(つつきはま)海水浴場行きのバスも。

ちなみに印通寺浦は、初期の遣唐使船の寄港地で、室町時代には倭寇(わこう)の拠点に、江戸時代には年貢の積出港、捕鯨基地もなっていました。

印通寺港フェリーターミナル
名称 印通寺港フェリーターミナル/いんどうじこうふぇりーたーみなる
所在地 長崎県壱岐市石田町印通寺浦196-20
関連HP 九州郵船公式ホームページ
問い合わせ 印通寺港フェリーターミナル(九州郵船) TEL:0920-44-5015
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
郷ノ浦港フェリーターミナル

郷ノ浦港フェリーターミナル

長崎県壱岐市郷ノ浦町にある壱岐の玄関港のひとつが郷ノ浦港フェリーターミナル。博多港(博多ふ頭)、対馬・厳原港と結ぶ九州郵船のフェリー、ジェットフォイルが発着する港で、郷ノ浦港ターミナルビルが建っています。壱岐唯一の重要港湾にもなっています。

芦辺港フェリーターミナル

芦辺港フェリーターミナル

壱岐島の東岸、長崎県壱岐市芦辺町にある壱岐の玄関港のひとつが芦辺港フェリーターミナル。博多港(博多ふ頭)、対馬・厳原港と結ぶ九州郵船のフェリーが発着するターミナルで、壱岐・対馬フェリー芦辺発着所も兼ねる九州郵船のジェットフォイルターミナルは

芦辺港ジェットフォイルターミナル(壱岐・対馬フェリー芦辺発着所)

芦辺港ジェットフォイルターミナル(壱岐・対馬フェリー芦辺発着所)

壱岐島の東岸、長崎県壱岐市芦辺町にある壱岐の玄関港のひとつが芦辺港。芦辺港に着岸する九州郵船のターミナルはフェリーとジェットフォイルに分かれ、ジェットフォイルが発着するのがこのターミナル。さらに厳原(対馬)、博多を結ぶ壱岐・対馬フェリーのフ

唐津東港フェリーターミナル

唐津東港フェリーターミナル

佐賀県唐津市東大島町にある壱岐・印通寺港への九州郵船のフェリーが発着するフェリー乗り場が唐津東港フェリーターミナル。正式名は、唐津みなと交流センターで、周辺は園地として整備されています。にっぽん丸などのクルーズ船も唐津港東港(または唐津港妙

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ