下関南部町郵便局

下関南部町郵便局

下関南部町郵便局(しものせきなべちょうゆうびんきょく)は、明治33年に建てられた下関に現存するもっとも古い西洋建築物。逓信省技師の三橋四郎の設計。外壁のレンガは60cmの厚さで、現在も現役の郵便局として使用されており、国内の現役郵便局の建物のなかでも最古のものとなっています。

明治33年に建てられた下関に現存するもっとも古い洋館

赤間関郵便電信局(現・下関東郵便局)として建築されたもの。
国の登録有形文化財にもなっています。

内部には建物に関する資料展示コーナー、カフェ「多羅葉」も設置されています。
日没~22:00には隣接の下関観光情報センター(旧秋田商会ビル)とともにライトアップを実施。

明治時代に下関の発明家(南部町の指物師)、俵谷高七氏がポストを考案、第1号の丸形ポストが郵便局前に設置されています。
俵谷高七は煙草や切手の自動販売機も開発した発明家。
その後、全国に広がった丸型ポストも下関がルーツなのです。
 

下関南部町郵便局 DATA

名称 下関南部町郵便局/しものせきなべちょうゆうびんきょく
所在地 山口県下関市南部町22-8
関連HP 下関市公式観光サイト
電車・バスで JR下関駅からサンデン交通バス新下関駅方面行きで7分、唐戸下車、徒歩2分
ドライブで 中国自動車道下関ICから約3.6km
駐車場 みらいパーク駐車場(390台/有料)、カモンワーフ駐車場(95台/有料)
問い合わせ TEL:083-222-0161
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

旧秋田商会ビル

2018.10.12

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ