小橋の精霊船|舞鶴市

小橋の精霊船

毎年8月15日、京都府舞鶴市小橋地区で『小橋の精霊船』(おばせのしょうらいぶね)が行なわれます。海嶠寺(かいきょうじ)に祀られた施餓鬼法要の旗やお供物、家々の門に設けられたお供物が、子供たちなどの手で竹と藁(わら)で作った精霊船に積み込まれ、沖に流されます。京都府の無形民俗文化財に指定。

西方浄土に戻る先祖の霊を見送る儀式

精霊船はお盆に里へと帰ったご先祖が精霊が盆の終わる8月15日、再び西方浄土に帰られる送り舟。
お迎えは家ごとですが、お帰りは集落全部の精霊が一緒に乗って帰るというわけなのです。

海嶠寺での施餓鬼法要の後、小橋海岸で2枚の帆と色とりどりの吹き流しを立てた全長5m〜10mほどの精霊船を海に送り出します。

小橋の精霊船|舞鶴市
開催日時 毎年8月15日
所在地 京都府舞鶴市小橋
場所 小橋海岸
電車・バスで JR舞鶴線東舞鶴駅から京都交通バスで38分、小橋下車。または、東舞鶴駅からタクシーで30分
ドライブで 舞鶴若狭自動車道舞鶴東ICから約17km
問い合わせ 舞鶴観光協会 TEL:0773-75-8600
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

吉原の万灯籠|舞鶴市

毎年8月16日19:30頃〜、京都府舞鶴市の伊佐津川下流で『吉原の万灯籠』(よしわらのまんどろ)が行なわれます。江戸時代、享保年間(1716年〜1736年)、クラゲが大発生し、漁がまったくできなくなった際、海中で火を焚き海神様の怒りを鎮め、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ