大須戸能(薪能)|村上市

大須戸能(薪能)

毎年8月15日、新潟県村上市の朝日みどりの里・日本庭園特設会場で『大須戸能(薪能)』が行なわれます。『大須戸能』は、毎年4月3日に大須戸の八坂神社で定期能がありますが、お盆には薪能で鑑賞することができます。『大須戸能』は新潟県の無形文化財に指定される郷土芸能です。

朝日みどりの里で薪能を上演

大須戸能(薪能)

弘化元年(1844)年の冬、庄内黒川の能役者・蛸井甚助が大須戸に逗留した際、庄屋、神主など村人19人の能社中が、数年にわたり熱心な指導を受けたとされ、嘉永4年(1851年)3月、鎮守八坂神社の社殿で初めて演能していますが、このときすでに式三番のほか、能十五番を習得していたと伝わっています。

嘉永5年(1852年)の記録には「古来の能装束が欠損して役に立たなくなったので奉納を願う」と記されています。

現在は、大須戸能保存会が能26 番、狂言12番を伝承しています。

大須戸能(薪能)|村上市
開催日時 毎年8月15日
所在地 新潟県村上市猿沢1215
場所 朝日みどりの里・日本庭園特設会場
関連HP 村上市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR羽越本線村上駅から塩野町・北中行き路線バスで25分、猿沢下車
ドライブで 日本海東北道朝日まほろばICから約1km
駐車場 252台/無料
問い合わせ 村上市生涯学習課文化行政推進室 TEL:0254-53-7511
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ