寄居浜海岸

寄居浜海岸

新潟県新潟市中央区、西海岸公園の海側に広がる海岸線が寄居浜海岸。江戸時代、新潟町の名所でもあった砂丘海岸・寄居浜。砂防のために砂丘地帯松の植林が始まって以来、内陸に新たな耕地が広がっていったのです。そんな歴史を今に伝えるのが寄居浜海岸です。

新潟砂丘の海側は、波浪打ち寄せる海岸線

寄居浜海岸

現在の寄居町は、海岸線よりもかなり内陸に位置し、エリアも限定的なため、あまり想像がつかないのですが、実はかつての寄居地区は、非常に広大な村でした。
寄居浜には夏には茶屋も店開きし、地引き網などを行なったりと、地元の人たちの憩いの場となっていました。

しかし海岸の侵食が激しく、今の汀線は、明治中期よりも180mも後退。
冬は激しい波浪の影響があり、海岸決壊対策が取られた結果、今では砂浜が少なく、テトラポットが並ぶ海岸に変わり、夏でも遊泳禁止となっています。

寄居浜海岸の後背地(砂丘列)には現在、西海岸公園が整備されり、夕暮れの寄居浜を散策した様子を、童謡の歌詞に託した北原白秋の『砂山』詩碑など、往時の寄居浜の一端を垣間見ることができます。

寄居浜海岸
名称 寄居浜海岸/よりいはまかいがん
所在地 新潟県新潟市中央区西船見町ほか
電車・バスで JR白山駅から徒歩30分
ドライブで 磐越自動車道新潟中央IC、北陸自動車道新潟西ICから約6km
駐車場 西海岸公園駐車場(763台/無料)を利用
問い合わせ 新潟市中央区役所建設課 TEL:025-223-7420/FAX:025-228-1260
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
西海岸公園

西海岸公園

新潟県新潟市中央区、日本海沿いに広がる市内最大規模の海浜公園が西海岸公園(新潟市の管理する総合公園)。日和山海岸から金衛町海岸まで、全長5kmにわたるクロマツ林(38万本)を利用して造られたもので、白い砂と松林の美しい景観は、「日本の白砂青

ドン山の大砲(西海岸公園)

ドン山の大砲(西海岸公園)

新潟県新潟市中央区、日本海沿いに広がる新潟市内最大規模の海浜公園、西海岸公園内にある小高い一角が、ドン山。名前の由来は、往時に全国で作られた午砲台(正午の時報代わりに、空砲を打っていた場所)と、そこに据えられていた大砲にあり、ドン山の大砲が

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ