小渡天王祭|豊田市

小渡天王祭

毎年8月15日18:00~21:30、愛知県豊田市で『小渡天王祭』(おどてんのうさい)が行なわれます。「かみの宮」と呼ばれる御鍬神社(おくわじんじゃ)の境内社・津島社の祭礼。神輿の練り、松明行列(たいまつぎょうれつ)、矢作川(やはぎがわ)での灯籠流し、最後に『旭やまびこ花火大会』で締めくくられます。

松明行列、灯籠流しに続いて花火大会

伝統的な夏の神事として「太鼓打ちはやし」(18:00~)、褌(ふんどし)姿の裸男達が神輿を担いで御鍬神社から「なかの宮」と呼ばれる「神明神社」へと練り歩いた後、「オイサー」の掛け声とともに約2mの松明を担いで街中を走り抜ける「松明行列」(御鍬神社~矢作川河川敷/19:30~)が行なわれます。
その火を集めて矢作川に流す「灯籠流し」(20:00~)などが行なわれ、21:15~の小渡温泉下流の矢作川河川広場で1000発が打ち上がる『旭やまびこ花火大会』で締めくくられます。

小渡地区(豊田市小渡町)は、矢作川沿いにある足助と明知、岩村を結ぶ交通の要衝。

小渡天王祭|豊田市
開催日時 毎年8月15日18:00~21:30
所在地 愛知県豊田市小渡町
場所 JAあいち豊田旭支店前 矢作川河川敷
関連HP 豊田市公式観光サイト
ドライブで 猿投グリーンロード枝下ICから約20km
駐車場 300台/無料
問い合わせ 旭観光協会 TEL:0565-68-3653
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ