吉備路文学館

吉備路文学館

岡山県岡山市北区、吉備路ゆかりの文学者の著書や書簡、原稿などを収蔵展示し、吉備路の精神文化に触れられるのが吉備路文学館。坪田譲治、正宗白鳥、井伏鱒二、柴田錬三郎ら百数十人、約4万点にもおよぶ文献、資料が集積。また竹久夢二の未公開の日本画や初版本なども収蔵し、ファンなら垂涎のコレクションも。

岡山県全域と広島県東部の文学者を紹介

昭和61年に中国銀行創立50周年を記念して設立された文学館(公益財団法人吉備路文学館)。
吉備路(岡山県全域と広島県東部)出身及びゆかりの文学者の著書、原稿、書簡、愛用品などを収蔵、展示する文学館で、年4回の特別展・企画展を開催。
緑豊かな敷地には庭園があり、鬱金桜(うこんざくら=オオシマザクラを母とするサトザクラ)の開花する4月中旬には一般開放されています。

吉備路文学館
名称 吉備路文学館/きびじぶんがくかん
所在地 岡山県岡山市北区南方3-5-35
関連HP 吉備路文学館公式ホームページ
電車・バスで JR岡山駅から徒歩15分
ドライブで 山陽自動車道岡山ICから約7km
駐車場 10台/無料
問い合わせ 吉備路文学館 TEL:086-223-7411/FAX:086-223-7418
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ