相楽園・旧小寺家厩舎

相楽園・旧小寺家厩舎

兵庫県神戸市中央区の相楽園(そうらくえん)内にある明治40年代築の廐(うまや)の遺構が、旧小寺家厩舎。小寺泰次郎(こでらたいじろう)邸内の厩舎として建設されたもので、1階が煉瓦造、2階がハーフティンバーの木骨煉瓦造で、国内に残る貴重な洋式厩舎建築ということから国の重要文化財に指定されています。

衆議院議員だった小寺謙吉が明治40年代に建築した厩舎

相楽園・旧小寺家厩舎

実業家小寺泰次郎の息子である元神戸市長・小寺謙吉(こでらけんきち/明治41年、衆議院選挙に31歳の最年少記録で当選)が明治40年代にに建てた洋式厩舎。

設計は、新井ビル(旧報徳銀行大阪支店/大阪市中央区、国の登録有形文化財)や造幣局旧火力発電所(現・造幣博物館/大阪市北区)、旧日濠会館(現・海岸ビルヂング/神戸市、国の登録有形文化財)などの設計で有名な河合浩蔵(かわいこうぞう=ジョサイア・コンドルに建築を学んだ後、ドイツに留学)。

1階は、馬車庫、自動車庫、馬糧供給室、2階は厩務員部屋、馬糧倉庫で、円形の尖塔状の塔屋、急勾配の寄棟屋根、ドーマ窓など特徴的なデザインが施されています。

三田藩士で明治維新後に実業家として財を成した小寺泰次郎の私邸跡である相楽園には、生田区北野町から旧ハッサム住宅(国の重要文化財)、垂水区から船屋形(姫路藩で使用されていた川御座船の屋形部分、国の重要文化財)が移築保存されています。

相楽園・旧小寺家厩舎
名称 相楽園・旧小寺家厩舎/そうらくえん・きゅうこでらけきゅうしゃ
所在地 兵庫県神戸市中央区中山手通5-3-1
関連HP 相楽園公式ホームページ
電車・バスで 神戸市営地下鉄県庁前駅から徒歩5分
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 相楽園 TEL:078-351-5155
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
新井ビル(旧報徳銀行大阪支店)

新井ビル(旧報徳銀行大阪支店)

大阪府大阪市中央区、中之島公園の南、今橋2丁目にある鉄筋コンクリート造4階建てのレトロな建物で、国の登録有形文化財に指定されるのが、新井ビル(旧報徳銀行大阪支店)。大正11年に1~2階は報徳銀行大阪支店、3~4階は貸事務所として建設されたも

海岸ビルヂング

神戸の旧雑居地、現在の海岸通りに建つ明治44年築のレトロなビル。煉瓦造り3階建ての事務所建築で、設計は河合浩蔵、施工は旗手組。戦災で屋上のペディメント焼失。さらに内装の大部分と外部装飾の一部を失っていますが、唐破風状の曲線を取り入れるなど独

相楽園・旧ハッサム住宅

相楽園・旧ハッサム住宅

神戸市中央区の相楽園内にある明治時代の洋館が旧ハッサム住宅。インド系イギリス人貿易商J.K.ハッサム(J.K.Hassam)が、明治35年に北野に自邸として建てたもので、現在のラインの館(旧ドレウェル邸)の北側に建っていました。昭和36年、

相楽園

相楽園

神戸市中央区にある都市公園・日本庭園で、国の登録記念物の最初の登録物件となったのが相楽園(そうらくえん)。神戸の将来性に目を付けた旧三田藩士・小寺泰次郎は、生田川の付替え埋立地を購入、その結果、実業家として成功を収め、明治44年に広大な庭園

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ