井倉峡

井倉峡

岡山県県北西部、新見市井倉にあり、高梁川(たかはしがわ)の両岸に高さ250mもの絶壁となって約8kmも続く峡谷が井倉峡。これは、高梁川が阿哲石灰岩層群(秩父古生層)、三郡変成岩類(変成された秩父古生層)で構成されるカルスト地形の阿哲台(あてつだい)を削ってできたもので、古くは阿哲峡とも呼ばれていました。

落差60mの絹掛の滝も落ちる

井倉峡

天文21年(1552年)頃から昭和3年の伯備線全通まで、新見から物資の輸送に高瀬船を利用し(高梁や成羽川の成羽などは川湊として発展)、昭和4年に井倉峡、井倉洞を訪れた歌人の与謝野晶子も「切ぎしは ひところすぐに天そそり もみじも身をばうすくしてよる」と詠んでいます。
周辺には落差60mの絹掛の滝や、総延長1200mの巨大鍾乳洞「井倉洞」などの見どころも豊富。

紅葉の名所でもあり、例年の紅葉の見頃は11月中旬~11月下旬頃。
 

井倉峡 DATA

名称 井倉峡/いくらきょう
所在地 岡山県新見市井倉
関連HP 新見市観光協会公式ホームページ
ドライブで 中国自動車道新見ICから国道180号を高梁方面へ15km
駐車場 絹掛の滝駐車場(10台/無料)
問い合わせ TEL:0867-75-2224/FAX:0867-75-2317
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

井倉洞

2018.10.08

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ