波照間島 日本最南端の碑

西表島(いりおもてじま)の南25kmに浮かぶ、日本最南端の有人島が波照間島(はてるまじま)。琉球石灰岩からなることから、「最果てのサンゴ(うるま)の島」という意味をもっています。そんな波照間島の南端、高那崎に立つのが、日本最南端の碑。

到達可能な地点としては波照間島高那崎が日本最南端

沖縄県の本土復帰前の昭和45年、ここを訪れた日本縦断の学生が島でアルバイトした資金で立てたコンクリート製の記念碑です。

「日本で一番多くの星が見える島」ともいわれ、12月上旬〜6月上旬には南十字星を見ることも可能。

実際の最南端である久成崎(くなりざき)は、日本最南端の碑からさらに南西方向へ300m。太平洋を望む断崖絶壁。

また入口にはその後、本土復帰を記念し、日本全国から小石を持ち寄って作られた「蛇の道」もあります。
日本の最西端は与那国島の西端、西崎なので、波照間島・高那崎、与那国島・西崎をハシゴする強者も多数。

ちなみに無人島を含めての日本の最南端は、沖ノ鳥島(東京都小笠原村)。
実際には上陸することができません。
 

波照間島 日本最南端の碑 DATA

名称 波照間島 日本最南端の碑/はてるまじま にほんさいなんたんのひ
所在地 沖縄県八重山郡竹富町波照間
関連HP http://www.painusima.com/
ドライブで 波照間港から4km
駐車場 10台/無料
問い合わせ 竹富町観光協会TEL:0980-82-5445/FAX:0980-82-5472

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ