波照間港

波照間港

沖縄県八重山郡竹富町、波照間島の北岸にある島の玄関港が、波照間港(はてるまじま)。日本最南端の有人島にある最南端の港、そして船客ターミナルということに。波照間港の西に隣接するニシ浜は、島で唯一の公認海水浴場で、日本最南端の海水浴場ということに。

日本最南端の港には、日本最南端の船客ターミナルが!

波照間港は、八重山漁業協同組合が管理する漁港で、安栄観光が石垣港とを結んで、貨客船「フェリーはてるま2」、大型双胴旅客船(高速船)「ぱいじま2」を運航。

大型双胴旅客船(高速船)「ぱいじま2」を利用すれば、石垣港(石垣港離島ターミナル)〜波照間港は所要1時間30分。
貨客船「フェリーはてるま2」は、火曜・木曜・土曜に石垣港(八島フェリーターミナル)を出航で、所要は2時間。
揺れが少ないのは大型双胴旅客船(高速船)「ぱいじま2」です。

大型双胴旅客船(高速船)と貨客船(フェリー)では石垣港の乗り場が少し離れているので注意が必要。
乗船にあたっては予約が必要。

日本最南端の港が波照間港なら、島の南岸には日本最南端の碑があり、島の最高所には到達可能な日本最南端の灯台と波照間灯台が建っています。
また集落には、日本最南端の郵便局と駐在所の、波照間郵便局、そして波照間駐在所があります。

波照間港
日本最南端の船客ターミナル
波照間港
名称 波照間港/はてるまこう
所在地 沖縄県八重山郡竹富町波照間
問い合わせ 竹富町観光協会 TEL:0980-82-5445/FAX:0980-82-5472
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
石垣港離島ターミナル

石垣港離島ターミナル

沖縄県石垣市の石垣港にある離島航路の旅客ターミナルが、石垣港離島ターミナル。竹富島、小浜島、黒島、西表島、鳩間島への八重山観光フェリー、安栄観光(あんえいかんこう)の高速船が発着するターミナル。離島航路の高速船は、インターネットでの事前予約

石垣港・八島フェリーターミナル

石垣港・八島フェリーターミナル

沖縄県石垣市の石垣港にある離島航路の旅客ターミナルが、石垣港離島ターミナル。高速船の出航するターミナルから徒歩5分ほどの南側に位置するのが、八島フェリーターミナル(やしまふぇりーたーみなる)。与那国島への「フェリーよなくに」、波照間島への貨

石垣港・八島フェリーターミナル

石垣港・八島フェリーターミナル

沖縄県石垣市の石垣港にある離島航路の旅客ターミナルが、石垣港離島ターミナル。高速船の出航するターミナルから徒歩5分ほどの南側に位置するのが、八島フェリーターミナル(やしまふぇりーたーみなる)。与那国島への「フェリーよなくに」、波照間島への貨

波照間島灯台

波照間島灯台

沖縄県八重山郡竹富町、波照間島の中央部の高台に建つのが、波照間島灯台。昭和34年5月5日、琉球政府(本土復帰前のアメリカ占領下)により初点灯。有人の地で観光的に到達できる日本最南端の灯台で、海岸ではなく島の中央、畑の中に建てられたユニークな

波照間島 日本最南端の碑

西表島(いりおもてじま)の南25kmに浮かぶ、日本最南端の有人島が波照間島(はてるまじま)。琉球石灰岩からなることから、「最果てのサンゴ(うるま)の島」という意味をもっています。そんな波照間島の南端、高那崎に立つのが、日本最南端の碑。到達可

ニシ浜

ニシ浜

沖縄県八重山郡竹富町、波照間島(はてるまじま)の北岸、波照間港の西にあるビーチが、ニシ浜(にしぱま)。1kmにわたって続く純白の砂浜と「ハテルマブルー」に輝くビーチ。砂は細かくサラサラ。海のかなたに西表島を望み、シュノーケリングでサンゴや熱

波照間郵便局

波照間郵便局

沖縄県八重山郡竹富町、波照間島(はてるまじま)のコート盛(先島諸島火番盛)の南側、集落の中心にあるのが、波照間郵便局。日本最南の有人島のため、波照間郵便局が日本最南端の郵便局ということに。「日本最南端の石碑と町花・月桃」がデザインされた風景

波照間空港

波照間空港

沖縄県八重山郡竹富町の波照間島にある沖縄県の管理する空港が、波照間空港。第一航空が新石垣空港(南ぬ島石垣空港)とを結んで、月・水・土曜の週3日各1往復運航。不定期便ながら、令和6年1月22日に波照間線が運航開始したことで、日本最南端の空港と

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

アバター画像

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

よく読まれている記事

こちらもどうぞ