ニシ浜

ニシ浜

沖縄県八重山郡竹富町、波照間島(はてるまじま)の北岸、波照間港の西にあるビーチが、ニシ浜(にしぱま)。1kmにわたって続く純白の砂浜と「ハテルマブルー」に輝くビーチ。砂は細かくサラサラ。海のかなたに西表島を望み、シュノーケリングでサンゴや熱帯魚の観察も楽しむことができます。

波照間島の北西部にある絶景ビーチ

八重山群島では竹富島のコンドイビーチと並ぶ絶景のビーチで、隆起サンゴ礁の島らしい、美しいビーチで、しかも波照間港(島の玄関港)から徒歩15分という便利な場所。
旅行クチコミサイトの「日本のベストビーチ」の第1位にも輝いたことも。

ビーチには、シャワー、トイレがあり、通年遊泳が可能(ただし離岸流などには注意が必要)。
日陰はありませんが、浜の奥のアダンの木陰が利用できます。
波照間島にビーチは数ありますが、竹富町が海水浴場と公認するのはニシ浜のみで、日本最南端の海水浴場ということに。

遠浅ですが、地元の人の話では、泳ぎが目的なら大潮や中潮の際には干潮時に訪れるのがおすすめとか。
波照間とは、果てのうるま(サンゴ礁)の意ともいわれ、サンゴ礁などを観察する場合には潮引きの時ならリーフエッジまで到達できるのです。

ニシというのは、北を意味する場合も多く、地形図にも北浜(にしぱま)とあることから、ここは西側の浜崎を隔てた南浜(ぺーぱま)を対を成して、北浜がもともとの意味合いです。
ニシ浜だから、夕日がといえば、真正面ではなく、かなり左手(西)に沈むことに(夕日を眺める場合は南浜へ移動を)。
食事などは少し歩きますが、島一周道路の南側の島料理店「あゃふふぁみ」が利用可能。

ニシ浜
海の彼方に見えるのは西表島の山並み
ニシ浜
名称 ニシ浜/にしぱま
所在地 沖縄県八重山郡竹富町波照間
関連HP 竹富町観光協会公式ホームページ
電車・バスで 波照間港から徒歩15分
ドライブで 波照間港から約800m
駐車場 10台/無料
問い合わせ 竹富町観光協会 TEL:0980-82-5445/FAX:0980-82-5472
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
波照間郵便局

波照間郵便局

沖縄県八重山郡竹富町、波照間島(はてるまじま)のコート盛(先島諸島火番盛)の南側、集落の中心にあるのが、波照間郵便局。日本最南の有人島のため、波照間郵便局が日本最南端の郵便局ということに。「日本最南端の石碑と町花・月桃」がデザインされた風景

底名溜池展望台

底名溜池展望台

沖縄県八重山郡竹富町、波照間島(はてるまじま)の毛崎とペムチ浜の間、底名溜池の南西隅に築かれた展望台が、底名溜池展望台。島の中心部にあるコート盛(先島諸島火番盛)を模しているのでニューコート盛というアパートのような別称も付けられています。農

竹富町波照間島星空観測タワー

竹富町波照間島星空観測タワー

波照間島(沖縄県竹富町)にある日本最南端の公開天文台で、プラネタリウムを併設するのが竹富町波照間島星空観測タワー。波照間島の南東「日本最南端平和の碑」の建つ高那崎(たかなざき)近くにあり、天体観測の障害となる人工の光源やジェット気流の影響が

波照間島 日本最南端の碑

西表島(いりおもてじま)の南25kmに浮かぶ、日本最南端の有人島が波照間島(はてるまじま)。琉球石灰岩からなることから、「最果てのサンゴ(うるま)の島」という意味をもっています。そんな波照間島の南端、高那崎に立つのが、日本最南端の碑。到達可

コート盛(先島諸島火番盛)

コート盛(先島諸島火番盛)

鎖国体制下の1644年頃、薩摩藩の要請によって、先島諸島各島に設けられた異国船監視の先島諸島火番盛(さきしましょとうひばんむい=遠見番所)のひとつが日本最南端の有人島、波照間島(沖縄県竹富町)にあるコート盛(こーともり)。清国への進貢船の航

高那崎海岸

高那崎海岸

沖縄県八重山郡竹富町、波照間島(はてるまじま)の南、日本最南端の碑から東に琉球石灰岩の海食崖が続きますが、その突端が高那崎(たかなざき)。最南端の碑が立つ場所も高那崎といわれることがあるが、実際の岬は東へ800mほどのところで、その一帯が高

日本最南端の道

日本最南端の道

沖縄県八重山郡竹富町、波照間島(はてるまじま)の波照間島の南岸に日本最南端の碑が立っていますが、実はその碑よりも南を走る道があります。これが波照間島の周回道路で、日本最南端の道。北緯24度05分という緯度をかみしめながら走る直線ルートになっ

波照間港

波照間港

沖縄県八重山郡竹富町、波照間島の北岸にある島の玄関港が、波照間港(はてるまじま)。日本最南端の有人島にある最南端の港、そして船客ターミナルということに。波照間港の西に隣接するニシ浜は、島で唯一の公認海水浴場で、日本最南端の海水浴場ということ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ