大堤公園・新堤(白鳥飛来地)

大堤公園・新堤(白鳥飛来地)

岩手県北上市、北神総合運動公園に隣接する大堤公園は、大堤と呼ばれる7.3haの溜池を松林が取り囲んでいます。初夏には畔の散策路にミズバショウが咲きますが、大堤の西側にある新堤(しんつつみ)は岩手県内随一の白鳥飛来地で、毎年1000羽を超えるオオハクチョウが越冬しています。

岩手県随一のオオハクチョウ飛来地

オオハクチョウは例年10月下旬から姿を見せ始め、4月頃まで越冬しています。
北上川沿いの平野部で昼間、活動し、夕方になると新堤に戻ってくるため、オオハクチョウを観察するなら朝夕がおすすめです。

新堤には無人の観察小屋が設けられ、雪の日には小屋の中から観察可能。
自然公園法などの網がかかっていないため、飛来地を保護するための環境整備が望まれています。

大堤公園・新堤(白鳥飛来地)
名称 大堤公園・新堤(白鳥飛来地)/おおつつみこうえん.・しんつつみ(はくちょうひらいち)
所在地 岩手県北上市相去町高前檀
関連HP 北上市公式ホームページ
ドライブで 東北自動車道北上金ヶ崎ICから約4km
駐車場 あり
問い合わせ 北上市商業観光課観光国際係 TEL:0197-72-8241
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ