堀切菖蒲園

堀切菖蒲園

東京都葛飾区にある区立公園が堀切菖蒲園(ほりきりしょうぶえん)。江戸時代の浮世絵師・歌川広重の『名所江戸百景』にも「堀切の花菖蒲」(ほりきりのはなしょうぶ)として描かれた、花菖蒲の名所のひとつで、昭和34年に都立公園として開園。例年5​月末〜6月中旬に花菖蒲の見頃を迎えます。

江戸時代から花菖蒲で有名だった堀切村

花菖蒲(はなしょうぶ)の起源は室町時代とも、江戸時代の文化年間(1804年~1817年)とも伝わる、歴史ある花の名所。
江戸時代後期、尾張藩主・徳川斉荘(とくがわなりたか)から「日本一菖蒲」という直筆の書が贈られるなど江戸では有名な花菖蒲の地となり、12代将軍・徳川家慶も鷹狩の際に立ち寄っています。

堀切村は、隅田川の分流が何条も流れるほどの湿地帯で、花卉の栽培を生業とする農家も多く、大正時代頃までは、花の栽培が盛んでした(昭和になって都市化され廃絶)。
有名な、日比谷花壇も明治5年に堀切村で創業しています(昭和25年頃、東京都の要請を受けて日比谷公園が拠点に)。

戦前まで堀切には江戸時代からの歴史を有した小高園、武蔵園、明治以降に開園した堀切園、吉野園、観花園などの菖蒲園がありましたが、戦後は廃絶。
戦後唯一復興を果たした堀切園の一部を東京都が購入し、昭和34年に都立公園として開園、昭和50年に葛飾区に移管したもの。

堀切菖蒲園
歌川広重『名所江戸百景』夏の部、堀切の花菖蒲

花菖蒲開花期には『葛飾菖蒲​まつり』開催

堀切菖蒲園の園内には江戸菖蒲(ハナショウブ、アヤメ、カキツバタ)など200種6000株が植栽され、希少品種を見ることもできます。

園内ではほかに、梅、藤、アジサイ、ハギ、冬桜、牡丹なども植栽され、ボランティアによる解説も実施。
庭園を眺めながら喫茶や会食が可能な「静観亭」では予約で、月替り料理「十二季膳」などの会席料理、幕の内弁当などが味わえるほか、1階のロビー喫茶コーナーは、予約なしで立ち寄ることができます。

堀切菖蒲園には駐車場はありませんが、土・日曜、祝日は、近くの荒川河川敷にある堀切橋駐車広場が利用できます。

花菖蒲は都立水元公園にも100種1万400株の花菖蒲が植栽され、例年6月の開花期には堀切菖蒲園とともに『葛飾菖蒲​まつり』が開かれています。

堀切菖蒲園
名称 堀切菖蒲園/ほりきりしょうぶえん
所在地 東京都葛飾区堀切2-19-1
関連HP 葛飾区公式ホームページ
電車・バスで 京成電鉄堀切菖蒲園駅から徒歩10分
ドライブで 首都高速四つ木ランプから約1.6km
駐車場 なし/菖蒲まつり期間のみ堀切橋駐車広場(無料・荒川河川敷)を開設
問い合わせ 葛飾区公園管理所 TEL:03-3694-2474
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
水元公園

水元公園

東京都葛飾区と埼玉県三郷市にまたがる東京都内で唯一水郷の景観を有するのどかな公園。昭和25年に都立江戸川水郷自然公園に指定された場所で、小合溜(こあいためい)に沿って造られ、小合溜から引いた大小の水路が園内を走り、水郷景観を創出しています。

葛飾菖蒲まつり

堀切菖蒲園・水元公園『葛飾菖蒲まつり』|葛飾区|2019

2019年5月27日(月)~6月16日(日)、東京都葛飾区の堀切菖蒲園で『葛飾菖蒲まつり』を開催。毎年、堀切菖蒲園で200種6000株、水元公園で100種1万4000株の花菖蒲(ハナショウブ)が咲きます。堀切の花菖蒲は江戸時代から江戸名所の

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ