住吉公園

住吉大社

大阪市住之江区にある大阪府営の公園が住吉公園。もともとは住吉大社の境内地で、馬場などがあったところ。住吉大社駅から公園の中央を東西に走る石畳の汐掛道は、住吉大社のかつての表参道です。国道26号沿いに建つ住吉高灯籠は、やはり住吉大社の灯籠で、鎌倉時代創建の日本最古の灯台といわれています。

かつては住吉大社の境内だった地

明治6年12月に浜寺公園(大阪府堺市西区浜寺公園町)とともに大阪府営の公園となった歴史ある公園(近代日本最古の公立公園)。
国道16号(現・国道26号)の敷設開通で西側の国道公園が廃止されています。

園内には、心字池、ソメイヨシノなどが植栽される桜広場、花と水の広場、幼児向け遊具や健康遊具が備わる児童遊技場、軟式野球場、テニスコート、運動場、体育館なども整備されています。
ラジオ塔は、昭和初期、ラジオ普及のために建設された公衆用聴取施設(平成5年に建て替えられています)。
源氏物語のレリーフは、『源氏物語』澪標の巻、光源氏と明石が会うことのできなかった住吉詣の様子を描いたもの。

ちなみに、住吉大社の旧表参道の汐掛道は、海岸に上陸した海神が通った道で、出見の浜〜住吉高灯籠〜住吉公園〜住友燈籠〜表参道鳥居〜反り橋〜住吉大社本宮と一直線に連なっています。

名称 住吉公園/すみよしこうえん
所在地 大阪府大阪市住之江区浜口東1-1-13
関連HP 大阪府営5公園ポータル
電車・バスで 南海本線住吉大社駅からすぐ
ドライブで 阪神高速15号堺線玉出出口から約1.5km
駐車場 なし/周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 住吉公園管理事務所 TEL:06-6671-2292/FAX:06-6671-2294
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
住吉大社

住吉大社

大阪市住吉区に鎮座する住吉大社は、社伝によれば、神功皇后が朝鮮半島の新羅に出兵した際に住吉三神を祀ったことに始まるという古社。全国2300の住吉社の総本社で摂津国一の宮にもなっています。古代の大阪港である住吉津、難波津からの航海を守る神様で

住吉高灯籠

住吉高灯籠

大阪府大阪市住之江区の住吉公園にある国道26号に面した巨大な高灯籠が住吉高灯籠。公園の中央を東西に走る「潮掛け道」は、住吉大社の表参道で、鎌倉時代に創建された初代の高灯籠は「日本最古の灯台」とも。元は200メートルほど西側に建っていましたが

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ