楊貴妃の里

唐の第9代皇帝・玄宗の命で悲劇の最期を遂げたとされる才色兼備の楊貴妃(ようきひ/719年〜756年)。実は、楊貴妃は日本へと脱出、長門国に流れ着いたのだという伝承が長門市の二尊院に残されています。「楊貴妃の墓」とされる五輪塔のある二尊院に隣接して造られたのが中国風庭園の「楊貴妃の里」です。

楊貴妃の墓のある二尊院に隣接して中国風の庭園が!

園内には楊貴妃の像も

園内に建つ、純白の大理石製の楊貴妃に像は、没年齢38歳にから3.8mの高さに。
唐の都・長安(現在の西安)近郊の楊貴妃最期の地、馬嵬坡(ばかいは)に立つ像と同じものなんだとか。

本物の楊貴妃の墓(貴妃の衣装を入れた墓)も、興平県の馬嵬坡にあります。

二尊院に伝わる楊貴妃伝説は、1766(明和3)年、当時の二尊院住職・恵学(けいがく)が村人の伝説を書きとめたもの。

「空艫船(うつろぶね)にて、当村唐渡口(とうどぐち=川尻岬西岸)という地へ漂着。まもなく死去したまいぬれば、里人相寄、当寺院境内に埋葬」と記されていたのです。

楊貴妃の墓とされる五輪塔が鎌倉時代後期など、伝説ゆえに科学性はありません。
それでも唐渡口という地名から、古代からの大陸との交流は示唆される伝説です。
 

楊貴妃の里 DATA

名称 楊貴妃の里/ようきひのさと
所在地 山口県長門市油谷向津具下3539
関連HP 二尊院公式ホームページ
電車・バスで JR山陰本線人丸駅から大浦行きバスで40分、二尊院口下車
ドライブで 中国自動車道美祢ICから52km
駐車場 15台/無料
問い合わせ 下関市観光政策課TEL:083-231-1350

楊貴妃の里

2017.07.18

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ