恐山大祭|むつ市

恐山大祭

毎年7月20日~7月24日・10月第2週の3連休、青森県むつ市の霊場恐山で『恐山大祭』が執り行なわれます。恐山には夏と秋、年2回の大祭がありますが、とくに夏の恐山大祭には全国各地から大勢の参詣者が訪れます。「大祭の日に地蔵を祈れば、亡くなった人の苦難を救う」と伝えられています。

大祭期間中には「イタコの口寄せ」も

恐山大祭
山主上山式

夏の例大祭のハイライトとなっているのが7月22日10:00〜の『山主上山式』(さんしゅじょうざんしき)です。
太鼓橋から菩提寺総門までの間を僧侶、山主の乗った籠行列が続くもの。
山主は、総門で籠を降り、参道を歩いて地蔵殿へと向かいます。

有名な「イタコの口寄せ」は、死者の霊を呼び起こすものといわれ、故人と現実に逢ってでもいるのかのように対話できる不思議な世界を体験することができます。
イタコは、生まれながらに盲目であったり幼少期に視力を失ってしまった女性が、修行によって能力を備えた霊媒師。
修行後、神つけの儀式を経て神の花嫁となり、イタコと呼ばれます。
「イタコの口寄せ」は大祭期間中のみ、体験することができます(有料)。
ただし、大祭期間中は、かなりの待ち時間を要することになるので、「イタコの口寄せ」が目的の場合にはできれば平日に訪れるのがおすすめです(津軽弁なのでよくわからない場合もありますが、貴重な体験となるでしょう)。

大祭期間中は開山時間が5:30~18:00となります。

恐山大祭|むつ市
開催日時 毎年7月20日~7月24日・10月第2週の3連休
所在地 青森県むつ市田名部宇曽利山
場所 恐山菩提寺
関連HP むつ市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR下北駅から下北交通バス大畑行きで10分、むつバスターミナル下車、下北交通バス恐山行きで乗り換えて33分、終点下車、すぐ
ドライブで 東北自動車道青森ICから約123km
駐車場 500台/無料
問い合わせ 恐山寺務所 TEL:0175-22-3825/むつ市観光戦略課 TEL 0175-22-1111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

恐山菩提寺

862年(貞観4)年、慈覚大師(円仁)の開山と伝えられる古刹が恐山菩提寺。高野山、比叡山と並ぶ日本三大霊山のひとつに数えられています。正式名は、恐山伽羅陀山菩提寺で、むつ市田名部にある曹洞宗円通寺が本坊。宇曽利山湖の湖畔に建つ恐山菩提寺は7

恐山賽の河原

恐山(おそれざん)は、下北半島の北部中央にある霊場。カルデラ湖である宇曽利湖(うそりこ/正式名は宇曽利山湖)を囲む地蔵岳などの外輪山は「蓮華八葉」と呼ばれています。コバルトブルーで透明度も高い宇曽利山湖の湖畔には、現在も火山活動が続く賽の河

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ