堂の迫磨崖仏

堂の迫磨崖仏

大分県豊後高田市にある応暦寺(おうれきじ)。国東半島(くにさきはんとう)に点在する寺院群・六郷満山(ろくごうまんざん)中山本寺のひとつです。その本堂左横から奥の院に続く山道を250mほど上った先の岩壁にある磨崖仏が、県指定の有形文化財である堂の迫磨崖仏(どうのさこまがいぶつ)。

室町時代初期に彫られたと推測される石仏

左から六観音像(観音像6体)、閻魔像(えんまぞう)、六地蔵(地蔵菩薩の6分身)、施主夫婦像(比丘・比丘尼像=出家した修行者の男性が比丘、女性が比丘尼)、司録像(倶生神)を横一列に半肉彫りにしており、像の高さは50cm前後。
夫婦と見られる僧形と女人の坐像は、この磨崖仏の願主と推測され、生前供養の趣旨で造立されたもの。
司録(しろく)は、十王(死後に亡者を裁く裁判官)のひとりで、閻魔王の判決を記録する書記官です。

六観音と六地蔵に閻魔・司録を組み合わせる尊像配置は、いわゆる 「六道思想」(観音・地蔵が六道のそれぞれに姿を現して、救いの手を差し伸べるという思想)に基づいたもの。
六観音と六地蔵を対比させる構成は、福真磨崖仏の影響を受けています。

下の岩壁にも仏龕(ぶつがん)があり、境内にはほかに、磨崖聖徳太子像、五輪塔群などの石像が点在。
また応暦寺の本堂には、不動明王坐像をはじめ、本尊の千手観音像、阿弥陀如来像が安置されています。

応暦寺は、大分県の史跡となった堂の迫磨崖仏とともに日本遺産「鬼が仏になった里『くにさき』」の構成資産になっています。

名称 堂の迫磨崖仏/どうのさこまがいぶつ
所在地 大分県豊後高田市大岩屋401
関連HP 豊後高田市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR宇佐駅から高田観光バス黒土行き20分、上真玉支所前下車、徒歩10分
ドライブで 宇佐別府道路宇佐ICから約29km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 應暦寺 TEL:0978-53-4427
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
元宮磨崖仏

元宮磨崖仏

大分県豊後高田市の田染真中地区にあり、元宮八幡社の境内北側の岩壁に造られた、龕(がん)のなかに彫られた磨崖仏が元宮磨崖仏。向って右から毘沙門天 、矜羯羅童子(こんがらどうじ)、不動明王、持国天(じこくてん) 、地蔵菩薩の五躯(ごく)の立像で

鍋山磨崖仏

鍋山磨崖仏

大分空港と豊後高田市を結ぶ大分県道34号(豊後高田安岐線)沿いにある磨崖仏が鍋山磨崖仏。道から80段の石段を上った鍋山中腹の岩壁に不動明王・矜羯羅童子(こんがらどうじ)・制多迦童子 (せいたかどうじ)からなる不動三尊立像が彫られています。制

熊野磨崖仏

熊野磨崖仏

大分県豊後高田市、中世の荘園風景が残る田染平野にある今熊野山胎蔵寺(いまくまのさんたいぞうじ/六郷満山65ヶ寺のひとつ)から 旧鎮守・熊野神社(熊野権現)へ至る300mの山道と鬼が一夜で築いたという伝説の石段を上った左手の岩盤に彫られたのが

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ