扇森稲荷神社

扇森稲荷神社

大分県竹田市拝田原(はいたばる)桜瀬地区にある九州三大稲荷に数えられる神社が、扇森稲荷神社(おうぎもりいなりじんじゃ)。元和2年(1616年)、岡藩第2代藩主・中川久盛(なかがわひさもり)が創建した社で、天保年間(1830年~1843年)、岡藩12代藩主・中川久昭(なかがわひさあき)が社殿を建立。

九州三大稲荷に数えられるパワースポット

扇森稲荷神社

岡藩12代藩主・中川久昭は、参勤交代で江戸参府中、暴漢に襲われれましたが、その前夜、その夢枕に桜瀬の「稲荷狐頭源大夫」と名乗る神霊が立ち、事前に危険を知らせたため、危うく難を逃れたおだとか。
このことから中川久昭が拝田原に社殿を造営、「扇の森」との社号を贈り、扇の森稲荷神社としたのが始まり。
以来、商売繁盛、家内安全、学業成就の神様「こうとうさま」として地元で信仰されていますが、祐徳稲荷神社(佐賀県鹿島市)、高橋稲荷神社(熊本県熊本市)とともに「九州三大稲荷」として、全国的にもその名が知られています。

国道57号沿い、高さ17mの大鳥居は、大分県一の大鳥居です。

例年旧暦の2月最初の午の日に行なわれる「初牛(はつうま=稲荷神が降臨した日)大祭」には、神楽の奉納などもあり、多くの人でにぎわいます。

ちなみに「こうとうさま」と呼ばれるのは、岡藩の藩士が白狐の頭を埋めて以来、狐頭原(こうとうばる)という地名になったからとされていますが、神仏習合時代に扇森稲荷神社の稲荷神の本地仏とされた願成院本堂(愛染堂)安置で、2匹の狐が刻まれる石造拝田原狐等本地沸(せきぞうはいたばるこうとうほんちぶつ)に由来するという可能性も。

扇森稲荷神社
扇森稲荷神社
名称 扇森稲荷神社/おうぎもりいなりじんじゃ
所在地 大分県竹田市拝田原桜瀬811
関連HP 扇森稲荷神社公式ホームページ
電車・バスで JR玉来駅から約20分
ドライブで 大分自動車道大分光吉ICから約50km
駐車場 200台/無料
問い合わせ 扇森稲荷神社 TEL:0974-63-1588
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
祐徳稲荷神社

祐徳稲荷神社

京都の伏見稲荷、愛知の豊川稲荷とともに日本三大稲荷(三大稲荷は諸説あります)のひとつに数えられるのが佐賀県鹿島市に鎮座する祐徳稲荷神社(ゆうとくいなりじんじゃ)。もとは京都御所内の花山院(かざんいん)邸に鎮座する稲荷大神から肥前鹿島藩主・鍋

願成院本堂(愛染堂)

願成院本堂(愛染堂)

大分県竹田市八幡山の中腹に位置する真言宗高野山派の寺が、願成院。山号は愛宕山、本尊は大日如来。国の重要文化財に指定されるのが願成院本堂(愛染堂)で、寛永12年(1635年)、岡藩2代藩主・中川久盛(なかがわひさもり)が寄進。現存する竹田市で

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ