妻沼グライダー滑空場

昭和38年に開設された日本学生航空連盟の妻沼滑空場(めぬまかっくうじょう)。葛和田の渡し(葛和田渡船=群馬県側は赤岩渡船)に隣接した利根川の河川敷に広がるのどかなロケーションですが、滑空時間と飛行回数では、ともに日本一を誇っています。日曜などには河川敷の道路上から練習風景を見学可能。

日本学生航空連盟の滑空場は利根川の河川敷に広がる

グライダーは動力を持たないため、長さ1500mものロープをグライダーに取り付け、ウインチで巻き取り凧を上げる要領で機体を空へ舞い上げます。

毎年3月には慶応大学、早稲田大学、明治大学、法政大学、立教大学、東京大学、日本大学、青山学院大学、名古屋大学、東海大学などが参加し、『全日本学生グライダー競技選手権大会』も開催。
全国の予選を勝ち抜いた大学が、個人と団体で学生王座を競い合います。
また、『東京六大学対抗グライダー競技会』、『原田覚一郎杯』も妻沼グライダー滑空場で実施されています。
また、東京六大学などの航空部を中心に(明治大学体育会航空部は江戸川河川敷の明治大学・宝珠花滑空場をメインの滑空場にしています)、関東の大学の訓練風景を見学することができます。

毎年10月の日曜には『埼玉スカイスポーツフェスタ』が開催され、事前申し込みでグライダーの体験搭乗も可能。

妻沼グライダー滑空場 DATA

名称 妻沼グライダー滑空場/めぬまぐらいだーかっくうじょう
所在地 埼玉県熊谷市葛和田
関連HP 熊谷市ホームページ
電車・バスで JR高崎線熊谷駅からタクシー40分または熊谷駅北口から国際十王バス葛和田行きで30分、終点下車
ドライブで 東北自動車道羽生ICから約20km
駐車場 100台/無料
問い合わせ 妻沼行政センター地域振興係TEL:048-588-1321/FAX:048-588-5598
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

葛和田の渡し

2017.11.11
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ