清雲寺のシダレザクラ

清雲寺のシダレザクラ

秩父市荒川地区の岩松山清雲寺(臨済宗建長寺派)に咲く、樹高15m、幹回り3m、樹齢600年のエドヒガンの巨木が清雲寺のシダレザクラ。応永27年(1420年)、清雲寺創建の際、楳峯香禅師(ばいほうこうぜんじ)が植えたと伝えられる古木で、埼玉県の天然記念物に指定されています。

埼玉県の天然記念物に指定の巨桜を観賞

例年、桜の見頃は3月下旬〜4月上旬頃。
清雲寺のシダレザクラ(エドヒガン)の開花と1週間ほどずれて、秩父ベニシダレも咲くので、お花見には絶好の寺となっています。
花や枝の傷みが目立つようになったためライトアップは中止。

清雲寺のシダレザクラ

清雲寺のシダレザクラ DATA

名称 清雲寺のシダレザクラ/せいうんじのしだれざくら
所在地 埼玉県秩父市荒川白久912
関連HP 秩父市公式ホームページ
電車・バスで 秩父鉄道武州中川駅から徒歩15分
ドライブで 関越自動車道花園ICから約32km
駐車場 周辺の民間臨時駐車場を利用
問い合わせ 秩父観光協会荒川支部TEL:0494-54-1059
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

円通寺のシダレザクラ

2018.03.20
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ