深谷駅

深谷駅

埼玉県深谷市にあるJR東日本・高崎線の駅が深谷駅(ふかやえき)。明治16年10月21日、日本鉄道の駅として開業した歴史ある駅で、明治28年〜昭和50年には日本煉瓦製造の専用線がありました。平成8年7月10日改築の現在の駅舎は、東京駅丸の内を模したもので、東京駅丸の内駅舎のレンガは日本煉瓦製造で焼いたことに由来。

レンガのまち深谷らしい「ミニ東京駅舎」に

深谷駅自体はレンガ造りではなく、コンクリート造りにレンガ風タイルを貼っているだけ。
「東京駅を彷彿させる赤煉瓦のモダンな駅舎と時代を先取りした多目的な駅」として、関東の駅百選にも選定されています。

ドイツ人技師チーゼを招いて操業を開始した日本煉瓦製造の工場から深谷駅まで4.2kmに専用の線路を敷設。
日本煉瓦製造で焼成したレンガは、司法省(現・法務省)、日本銀行、旧東京裁判所、旧東京商業会議所、赤坂離宮、旧警視庁、旧三菱第2号館、東京大学、東京駅の建造に使われるため、深谷駅から搬出されました。
専用線途中の福川に架けられた鉄橋はポーナル型プレートガーダー橋として現存する日本最古(明治28年架橋)のもの。

北口には日本煉瓦製造会社の設立にも関わった、現・深谷市出身の渋沢栄一の像も立っています。

名称 深谷駅/ふかやえき
所在地 埼玉県深谷市西島町1-1
関連HP JR東日本公式ホームページ
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
渋沢栄一生家「中の家」

渋沢栄一生家「中の家」

埼玉県深谷市の血洗島(ちあらいじま)にあるのが渋沢栄一生家「中の家」(なかんち)。近代日本経済の父・渋沢栄一氏の生家で、現存する主屋は、渋沢栄一の妹婿・渋沢市郎が明治28年に上棟した天窓のある典型的な養蚕農家。奥の10畳の部屋は、渋沢栄一が

備前渠鉄橋

備前渠鉄橋

現在の埼玉県深谷市にあった旧日本煉瓦製造会社(明治21年創業)で大量に生産されたレンガは、日本の近代化に多大な貢献を果たしていますが、大量輸送を可能にしたのが、深谷駅から敷設された専用の引込線。廃線跡は、遊歩道「あかね通り」となっていますが

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ