備前渠鉄橋

備前渠鉄橋

現在の埼玉県深谷市にあった旧日本煉瓦製造会社(明治21年創業)で大量に生産されたレンガは、日本の近代化に多大な貢献を果たしていますが、大量輸送を可能にしたのが、深谷駅から敷設された専用の引込線。廃線跡は、遊歩道「あかね通り」となっていますが、備前渠鉄橋(びぜんきょてっきょう)が現存し、国の重要文化財に指定。

明治28年架橋のプレートガーター橋

明治28年、工場のある埼玉県榛沢郡上敷免村(現・深谷市上敷免)から日本鉄道・深谷駅(現・JR深谷駅)間の4.2kmに、レンガ輸送のため民間初の専用鉄道を敷設。
それまで不安定な舟運(すぐ北側を流れる小山川から利根川を下り、江戸川を経て隅田川経由で東京へ)に頼っていた輸送問題を一気に解消したのです。
専用鉄道には3ヶ所の鉄道橋が架けられていましたが、そのひとつが県内最古の農業用水路でもある備前渠用水(びぜんきょようすい=備前堀)に設置された備前渠鉄橋。

明治のお雇い外国人、イギリス人鉄道技師のチャールズ・アセトン・W・ポーナル(Charles A.W.Pownall)が標準設計し、鉄道創成期の日本で最初に普及したポーナル形(イギリス式)プレートガーター橋で、厚さのある板状(I字形)の鋼板を、レンガ造りの橋台に乗せた鈑桁橋。
ポーナルは、旧信越本線横川〜軽井沢間の煉瓦アーチ橋(碓氷第三橋梁)も設計しています。
備前渠鉄橋は、1スパンで全長15.7mと専用線の3つの鉄橋(備前渠鉄橋・唐沢川鉄橋・福川鉄橋)でも最長の橋桁です。
すぐ南側には、備前渠から分れる原田用水を越えるためレンガアーチ橋も残りますが、もちろんレンガは同工場製。

工事を請け負ったのは、明治26年に建設された信越線(碓氷峠区間の鉄道施設)の工事責任者で、マサチューセッツ工科大学卒のc(本間鉄道工業)。
秩父鉄道(上武鉄道)、東武鉄道の建設にも本間英一郎は関わり、明治時代に架橋されたポーナル形(イギリス式)プレートガーター橋は、秩父鉄道、東武鉄道にも現存しています。

名称 備前渠鉄橋/びぜんきょてっきょう
所在地 埼玉県深谷市上敷免290地先
関連HP 深谷市公式ホームページ
ドライブで 関越自動車道花園ICから約12.6km(26分)でブリッジパーク駐車場
駐車場 なし/ブリッジパーク駐車場を利用し福川鉄橋から廃線跡の遊歩道を歩けば徒歩15分
問い合わせ 深谷市文化振興課 TEL:048-577-4501
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
日本煉瓦製造会社ホフマン輪窯6号窯

日本煉瓦製造会社ホフマン輪窯6号窯

明治21年の操業開始以来、約120年にわたり「レンガのまち深谷」(埼玉県深谷市)の象徴的存在だった日本煉瓦製造株式会社。当時日本が近代化するにあたり、渋沢栄一らによって設立されたレンガ会社で、レンガを焼成したホフマン輪窯6号窯は、国の重要文

深谷駅

深谷駅

埼玉県深谷市にあるJR東日本・高崎線の駅が深谷駅(ふかやえき)。明治16年10月21日、日本鉄道の駅として開業した歴史ある駅で、明治28年〜昭和50年には日本煉瓦製造の専用線がありました。平成8年7月10日改築の現在の駅舎は、東京駅丸の内を

旧碓氷線めがね橋(碓氷第三橋梁)

長さ91m、高さ31m、レンガ造りの4連アーチの旧信越本線の鉄道橋。横川〜碓氷峠〜軽井沢の区間には26のトンネルと18の橋梁があり、めがね橋の正式名は碓氷第三橋梁。203万個のレンガを用いた87.7mの4連アーチ橋は、明治25年12月の竣工

福川鉄橋

福川鉄橋

渋沢栄一らが明治21年に埼玉県榛沢郡上敷免村(現・深谷市上敷免)に創業した日本煉瓦製造会社。生産されたレンガの大量輸送を可能にしたのが、明治28年に日本鉄道・深谷駅から敷設した4.2kmに及ぶ専用の引込線。途中、備前渠鉄橋、唐沢川鉄橋、福川

日本煉瓦製造会社旧事務所(煉瓦史料館)

日本煉瓦製造会社旧事務所(煉瓦史料館)

埼玉県深谷市は、日本の近代化を、レンガ生産で支えた「レンガのまち深谷」。渋沢栄一が設立し、明治21年に創業を開始した旧日本煉瓦製造株式会社の敷地内にある明治20年築の洋館が、日本煉瓦製造会社旧事務所。国の重要文化財に指定される建物は、深谷市

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ