成城富士見橋

成城富士見橋

東京都世田谷区、小田急小田原線成城学園前駅の西、成城富士見橋通りに架る橋が成城富士見橋。多摩川沿いに南北に続く武蔵野台地の西縁、国分寺崖線(こくぶんじがいせん)の崖を切り通しとなって抜ける小田急線をまたぐ橋で、その名の通り富士を眺望し、関東の富士見百景にも選定されています。

ダイヤモンド富士のビューポイントにもなっている橋

富士山を眺めるバルコニー空間の歩道(路側には花が植栽されています)、写真撮影用のフレームを設けた橋で、橋のデザインは区民の公募で決定したもの。

成城富士見橋からは、西側(富士山側)に不動橋を眺めますが、東急大井町線の切り通しに架る富士見橋とともに3橋が「富士の見える橋(世田谷区)」として関東の富士見百景(国土交通省関東地方整備局)に選定されています。

成城富士見橋と不動橋間の小田急線は暗渠で、農園となっているため、ロマンスカーと富士山のツーショットを撮ることはできません(不動橋からも小田急線は見えません)。

快晴なら、例年11月5日~11月6日、2月5日~2月6日に富士山頂に太陽が沈むダイヤモンド富士を眺めることができます。

成城富士見橋
名称 成城富士見橋/せいじょうふじみばし
所在地 東京都世田谷区成城4-1・成城5-2
関連HP 世田谷区公式ホームページ
電車・バスで 小田急成城学園前駅から約10km
問い合わせ 世田谷区都市整備政策部都市デザイン課 TEL:03-6432-7151/FAX:03-6432-7996
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
東京でダイヤモンド富士

11月〜2月は、東京でダイヤモンド富士 眺望23スポット紹介

富士山頂に太陽が沈むダイヤモンド富士。東京は11月〜2月にチャンスがやってきます。高尾山山頂などは冬至前後の年1回ですが、それ以外のエリアは太陽の動きに伴って、冬至前、冬至後の2回チャンスが訪れます。うるう年など、年によって多少のズレがある

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ