名古屋市市政資料館

大正11年に名古屋控訴院・地方裁判所・区裁判所庁舎として建設されたネオ・バロック様式の建物。昭和54年まで中部地方の司法の中心としての役割を果たしていたが昭和59年に国の重要文化財に指定され(重要文化財旧名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎)、平成元年から名古屋市市政資料館として保存再生されています。

重要文化財となったのレンガ造りの建物

日本全国に8ヶ所建設された控訴院(こうそいん=大審院の下級、地方裁判所の上級に置かれた裁判所)の建物のうち、現存するのは名古屋控訴院(名古屋市市政資料館)と札幌控訴院(札幌市資料館)のみ。
赤いレンガと白い花崗岩の組み合わせの外観は実に素敵。

また内部の装飾も大正末期の特徴を忠実に表現し見応えも十分。
1階の留置場は見学可能で、内部に入ることも可能です。2階は名古屋市の公文書館で喫茶室も併設。3階は、司法展示、市政展示、「大地の塔」資料展示の常設展示室と市民利用施設としての展示室になっています。
現存する控訴院庁舎としては最古のもので、NHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』のロケにも使われています。

名古屋市が設定する「文化のみち」の西コース(所要1時間=橦木町筋、主税町筋、白壁町筋を歩き、名古屋市役所本庁舎、愛知県庁本庁舎などの建物をウォッチングするのが西コース)のルート途中にあるので、名古屋城などを起点とする城下町散策にも絶好の立ち寄りスポットになっています。

夜間にはライトアップも実施。


 

名古屋市市政資料館 DATA

名称 名古屋市市政資料館/なごやししせいしりょうかん
所在地 愛知県名古屋市東区白壁1-3
関連HP http://www.city.nagoya.jp/
電車・バスで 名鉄瀬戸線東大手駅から徒歩5分。または、地下鉄名城線市役所駅から徒歩8分
ドライブで 名古屋高速都心環状線東新町ランプから約1.5km(5分)
駐車場 12台/無料
問い合わせ TEL:052-953-0051/FAX:052-953-4398

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ