羊山公園・見晴らしの丘

羊山公園・見晴らしの丘

埼玉県秩父市、芝桜や武甲山の眺望で知られる羊山公園ですが、その北側に位置するのが見晴らしの丘。秩父市街と武甲山を眺める見晴らしの良さが名の由来ですが、武甲山の歴史を解説する武甲山資料館、棟方志功のコレクションで知られる「やまとーあーとみゅーじあむ」も建っています。

秩父の鉄道敷設に尽力した柿原萬蔵銅像も立つ

羊山公園・見晴らしの丘
柿原萬蔵の銅像は、北村西望の作

専用の駐車場もあるので、丘の上までは歩かずに到達可能。
秩父市街を眼下に、その向こうに荒川対岸の尾田蒔丘陵、両神山、奥秩父の山並みを眺望します。
春には桜の名所としてお花見にも絶好で、夜は秩父市街の夜景を眺めることも可能。

昭和29年に建立された柿原萬蔵(かきはらまんぞう)の銅像は、長崎の平和祈念像で有名な北村西望(きたむらせいぼう)の作。
秩父地方の産業開発・振興のためには鉄道が必要と説き、秩父〜館林間に鉄道を整備するために、明治27年、上武鉄道期成同盟会を結成。
上武鉄道期成同盟会を母体に、上武鉄道会社(秩父鉄道)を設立し、社長に就任、明治34年10月に寄居までを開通させ、寄居から秩父方面への延長工事は、寄居町民の反対などにもあいましたが、粘り強く交渉し、明治36年4月波久礼駅まで開通、渋沢栄一らの協力を得て、大正3年に秩父駅まで延伸しています。

埼玉ゆかりの偉人ということで、秩父市街を眼下にする見晴らしの丘に銅像が立っているのです。

ちなみに、銅像を制作した北村西望は、第二次世界大戦中に、矢那瀬の高徳寺(埼玉県秩父郡長瀞町)に3年間疎開していたことがあり、実は秩父にゆかりのある作家なのです(秩父鉄道波久礼駅の駅前に北村西望の句碑「波久礼から河や桜など ぶらりぶらり」も立っています)。

羊山公園・見晴らしの丘
名称 羊山公園・見晴らしの丘/ひつじやまこうえん・みはらしのおか
所在地 埼玉県秩父市大宮6267
関連HP 秩父市公式ホームページ
電車・バスで 西武秩父線西武秩父駅、秩父鉄道御花畑から徒歩10分、秩父鉄道秩父駅から徒歩15分
ドライブで 関越自動車道花園ICから約26km
駐車場 羊山公園駐車場(292台/無料)、羊山公園の芝桜開花期は利用不可、周辺の臨時駐車場を利用
問い合わせ 秩父市都市計画課 TEL:0494-26-6867/FAX:0494-26-5967
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
羊山公園芝桜の丘

羊山公園芝桜の丘

秩父市街地、武甲山を一望する羊山公園に設けられた関東屈指の芝桜の花畑が、羊山公園芝桜の丘。17.6haに「スカーレットフレーム」「多摩の流れ」など9種類、40万株が植栽されていますが、武甲山を背景に広がる姿は実に絵になる光景。色とりどりの芝

やまとあーとみゅーじあむ

やまとーあーとみゅーじあむ

埼玉県秩父市の羊山公園の一角に建ち、棟方志功(むなかたしこう)の板画を中心に展示する美術館が、やまとーあーとみゅーじあむ。展示内容は、質・量ともに国内屈指といわれる棟方志功の作品のコレクションが中心で、年2回の展示替えでさまざまな作品が鑑賞

武甲山資料館

武甲山資料館

埼玉県秩父市、武甲山(ぶこうざん)を眺める羊山公園、見晴らしの丘近くにある秩父市立のミュージアムが、武甲山資料館。信仰の山で、秩父のシンボルともなる武甲山は、秩父の基幹産業であるセメントの原料、石灰岩の採掘により今も刻々と変貌。武甲山資料館

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ