相良凧あげ大会(相良凧初節句神事)|牧之原市

毎年5月5日、静岡県牧之原市で『相良凧あげ大会(相良凧初節句神事)』。相良凧(さがらたこ)は、田沼意次(たぬまおきつぐ)の城下町として知られた相良独特の凧。江戸時代中期の頃から初の男子誕生を祝って端午の節句にあげる風習が残されています。ちょうど、田沼意次が江戸で老中として権勢を誇った頃に創始した歴史ある凧です。

初節句の神事は市街からも参加OK!

sagaratakoage03

ゴールデンウィークに行なわれる『相良凧あげ大会』は、初節句の神事にもなっています。

独特の相良凧は、4本の竹骨を組み合わせて2本のカナ糸(糸目)をつけ、尾をつけない凧です。
縦長の角凧で下部がやや三角に尖っています。
「糸目は中心の親骨から上下に2本付け、結び目を比較的凧に近い距離にすることにより、急旋回、宙返りなど自由自在に操縦できるのが特徴」
とのことです。
初節句の神事は、市外在住の人も参加可能で、初節句は男児、女児問いません。
参加する場合には別途費用がかかりますので、事前に牧之原市観光協会(TEL0548-22-5600)に確認を。

5月5日、牧之原市で『相良凧あげ大会(相良凧初節句神事)』。
初節句神事=10:00〜、妙技の披露・凧あげ=13:00〜

撮影/大石正英
 
sagaratakoage02
sagaratakoage04
 

相良凧あげ大会(相良凧初節句神事) DATA

開催日 5月5日
開催地住所 静岡県牧之原市相良
開催場所 相良サンビーチ
電車・バスで JR静岡駅からしずてつジャストラインバス特急静岡相良線(1時間に3~4本)で1時間5分、相良営業所下車、徒歩5分
ドライブで 東名高速道路相良牧之原ICから国道473号を相良方面へ12km20分
駐車場 500台/無料
問い合わせ 牧之原市観光協会TEL0548-22-5600
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

牧之原市で『第43回さがら草競馬大会』|2019

2017年2月21日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ