三溪園『紅葉の古建築公開』|横浜市|2019

三溪園『紅葉の古建築公開』

 2019年11月23日(土)~12月8日(日)、神奈川県横浜市の三溪園で『紅葉の古建築公開』が行なわれます。三溪園では、11月下旬〜12月上旬にかけて、赤いモミジ、黄色のイチョウが鮮やかに色づき、紅葉の見頃に。園内の重要文化財に指定される聴秋閣(ちょうしゅうかく)、春草廬( しゅんそうろ)を公開。

聴秋閣、春草廬を間近で見学

三溪園『紅葉の古建築公開』

聴秋閣は、江戸時代初期の元和9年(1623年)、京・二条城内に建てられたと伝えられ、後に乳母の春日局(かすがのつぼね)に与えたと伝えられる楼閣建築(大正11年に三渓園に移築)。
春草廬は、京・宇治の三室戸寺金蔵院(みむろとじこんぞういん)にあった織田有楽(おだうらく/織田長益)築といわれる茶室です(大正11年に三渓園に移築)。
重要文化財で小さな建築物のため、公開といっても間近からの見学で、内部に立ち入ることはできません。

三重塔を望む絶景が楽しめる聴秋閣奥の遊歩道も同期間開放されています。
紅葉の時期は、園内が大変混雑するので内苑では三脚・自撮り棒の利用は禁止されています。

三溪園『紅葉の古建築公開』|横浜市|2019
開催日時 2019年11月23日(土)~12月8日(日)
所在地 神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
場所 三溪園
関連HP 三溪園公式ホームページ
電車・バスで JR根岸駅から市営バスで10分、本牧下車、徒歩7分
ドライブで 首都高速本牧埠頭ランプから約2.5km
駐車場 150台/有料
問い合わせ TEL:045-621-0635/FAX:045-621-6343
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ