戸川堰堤

戸川堰堤

神奈川県秦野市、丹沢山系・塔ノ岳から流れ出る水無川の砂防施設のひとつが、戸川堰堤(とかわえんてい)。秦野戸川公園の水辺広場として使われる堰堤で、昭和16年に神奈川県が築造し、昭和25年にかさ上げされたという珍しい二段式堰堤。国の登録有形文化財に指定されています。

秦野戸川公園を流れる水無川にあるレトロな砂防堰堤

戸川堰堤

堤高は上段が8m、下段が7m、堤長は上段189m、下段171m。
堤体表面と下部は谷積石張りで(堤体表面は平石の隅を立てて積む谷積み、隅部は五角形の切石)、かさ上げ部はコンクリート構造です。
現在は、秦野戸川公園の水辺広場として活用されています。
水遊びゾーンの下部に位置するため、水無川駐車場や、ふれあい橋側から眺めることが可能。

水無川には、昭和7年、内務省が直轄事業で築いた猿渡堰堤、山ノ神堰堤もあり、いずれも国の登録有形文化財に指定されています。

秦野戸川公園園内図
戸川堰堤
名称 戸川堰堤/とかわえんてい
所在地 神奈川県秦野市堀山下・ 戸川
関連HP 秦野市公式ホームページ
電車・バスで 小田急渋沢駅から神奈川中央交通大倉行きバスで終点下車
ドライブで 東名高速道路秦野中井ICから約8km
駐車場 水無川駐車場(87台/30分まで無料、以降有料)
問い合わせ 秦野市文化スポーツ部生涯学習課文化財・市史担当 TEL:0463-87-9581
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
秦野戸川公園

秦野戸川公園

神奈川県秦野市、丹沢山系・塔ノ岳から流れ出る水無川の河川敷を活かした36.1haの県立公園が、秦野戸川公園(はだのとかわこうえん)。「花の山里・ファームホリデー」がテーマで、水無川の両岸をつなぐ風の吊り橋がランドマークになっています。丹沢の

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ