新境川堤・百十郎桜

昭和38年、岐阜県各務原市の発足を記念して新境川に植えられた桜がルーツで、昭和6年〜7年に新境川沿いソメイヨシノを寄付した歌舞伎役者・市川百十郎の名を取って、「百十郎桜」と名付けられています。1000本以上の桜が植栽され、「日本さくら名所100選」にも選定されています。

歌舞伎役者・市川百十郎が寄付した桜がルーツ

歌舞伎役者・市川百十郎は、ソメイヨシノを1200本寄付し、新境川の堤防に植樹され、戦前にも花見の名所として賑わいましたが、第二次世界大戦中、終戦直後に薪として伐採されてしまいました。

昭和38年、稲葉郡那加町、稲羽町、鵜沼町、蘇原町が合併し各務原市が誕生。それを機会に、再度植えられ、その後も植栽され続けて見事な桜並木が形成されています。

桜の見頃は例年3月下旬~4月上旬頃です。

市川百十郎
岐阜県各務郡大島村(現・各務原市蘇原大島町)出身の歌舞伎役者。トーキー映画と舞台劇を組み合わせた連鎖劇を得意とし、東海一の歌舞伎と称されていました。村国神社(当時の各務郡各務村)の境内にある芝居小屋の「村国座」(むらくにざ)で公演を行なった際に、境川放水路(現・新境川)の工事で多くの人命が失われたことを耳にして、供養のために桜を寄付したのです。
 

新境川堤・百十郎桜 DATA

名称 新境川堤・百十郎桜/しんさかいがわつつみ・ひゃくじゅうろうさくら
所在地 岐阜県各務原市那加門前町
公式HP http://kakamigahara-kanko.jp/
電車・バスで 名鉄各務原線市民公園駅から徒歩1分
ドライブで 東海北陸道岐阜・各務原ICから約5分
駐車場 あり
問い合わせ 各務原市ブランド創造課TEL:058-383-9925

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ