清水谷精錬所跡

清水谷精錬所跡

戦国時代から江戸時代初期に最盛期を迎えた石見銀山の近代の精錬所跡が清水谷精錬所跡。明治19年に藤田伝三郎(藤田財閥)が起こした大阪の藤田組が、仙山(せんのやま)の福石鉱床(大久保間歩)の金銀含有率と量に着目し、20万円の巨費を投じて明治28年に近代的な製錬所を完成させたもので、世界遺産の構成資産のひとつ。

9段に組み上げられた石垣が棚田か城跡のよう

清水谷精錬所跡

藤田組(現・DOWAホールディングス)が清水谷に当時の金で20万円を費やして精錬所を築いたのは、石見銀山最大の坑道・大久保間歩の再開発という狙いがありました。
設計は、東京帝国大採鉱冶金(やきん)学科を卒業、大森鉱山(石見銀山)に赴任した武田恭作(たけだきょうさく=後に小坂鉱山に赴任し、久原房之助の右腕として活躍)。
明治期の銀生産を担った代表的な近代遺産で、日本人の技術力で銀山を再開発しようとした明治人の心意気が伝わってきます。

福石鉱床で採掘した鉱石は、新たに掘削した金生坑(きんせいこう)と拡張した蔵之丞間歩(くらのじょうまぶ)を通って製錬所の最上段までトロッコで運んでいました。

酸やアルカリ溶液でいったん、鉱石から銀を溶かした後に、銀を取り出す収銀湿式製錬という最新式の技術が投入されています。
しかしながら鉱石の品質が予想より悪く、銀の製錬能力も不十分だったため、明治29年で操業を停止。
現在では石積みの棚田のような景観が残されているのみですが、往時には機械選鉱場、焙煎室など10棟以上の建物が建ち並んでいました。
平成20年〜平成21年の発掘調査では、操業当時の建物跡の基礎や銀鉱石の品位分析に使った多量のキューペル(骨灰皿)、ボタン型の鉛塊や坩堝(るつぼ=金属をとかすのに使う壺)、ガラスや陶磁器の容器片が見つかっています。

選鉱場跡と清水谷製錬所間のトロッコ軌道跡、鉱夫住宅跡や変電所跡なども確認できますが、清水谷製錬所跡、トロッコ軌道跡など清水谷間歩群として世界文化遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の構成資産にもなっています。

清水谷精錬所跡
名称 清水谷精錬所跡/しみずだにせいれんじょあと
所在地 島根県大田市大森町
関連HP 大田市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR大田市駅から石見交通バス川本線(世界遺産センター行き・大森行き)で28分、大森下車、徒歩30分
ドライブで 山陰自動車道(仁摩温泉津道路)仁摩・石見銀山ICから約7.8kmで世界遺産センター
駐車場 交通規制のため世界遺産センター駐車場(石見銀山駐車場400台)を利用し、路線バスで大森バス停へ
問い合わせ 大田市観光協会 TEL:0854-88-9950
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
大久保石見守墓

大久保石見守墓

石見銀山にある慶長6年(1601年)に石見奉行となった大久保石見守(大久保長安)の墓。大久保長安は、慶長10年(1605年)、浄土宗・大安寺を建立していますが(水害で荒廃し極楽寺に併合)、その境内に生前に築いたのが逆修塚。創建時の宝篋印塔は

龍源寺間歩

龍源寺間歩

平成19年7月に世界文化遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」に指定された石見銀山(島根県大田市)。銀を掘るために掘った坑道を間歩(まぶ)と呼びますがが、石見銀山に掘られた900ほどの坑道のうち、予約なしで通年内部の見学ができるのはこの龍源寺

豊栄神社

豊栄神社

石見銀山(島根県大田市)にある戦国武将・毛利元就(もうりもとなり)を祭神とする神社が豊栄神社(とよさかじんじゃ)で、同名の神社は山口県山口市にあり、祭神は同じ。幕末の慶応3年(1867年)までは洞春山・長安寺という曹洞宗の寺でしたが、明治の

佐毘売山神社

佐毘売山神社

石見銀山の守り神・金山彦命(かなやまひこのみこと)を祭神とする古社が巨岩の上に鎮座する佐毘売山神社(さひめやまじんじゃ)。世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の構成資産で、地元では、親しみを込めて「山神(さんじん)さん」と呼ばれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ