仙崎祇園祭(第65回ながと仙崎花火大会)|長門市|2019

仙崎祇園祭

2019年7月19日(金)~7月26日(金)、山口県長門市の仙崎八坂神社で『仙崎祇園祭』(第65回ながと仙崎花火大会)を開催。山車に蛇や須佐之男命などの人形を飾り、祇園ばやしが演奏されます。7月20日(土)20:30~、仙崎漁港一帯で『ながと仙崎花火大会』が開催され、海上で台船から尺玉が打ち上げられます。

『ながと仙崎花火大会』では尺玉も打ち上がる

ながと仙崎花火大会
ながと仙崎花火大会

仙崎八坂神社は、金子みすゞの童謡の一篇にも「祇園社」として登場の古社で、大内氏の帰依を受けていました。
仙崎湾の紫津浦(しつらうら)辺で行なわれていた古式捕鯨の様子を描いた江戸時代の『捕鯨図』も保管しています。

『ながと仙崎花火大会』開始前の時間は「よさこい」が仙崎海岸通りの歩行者天国180mの練り歩きで盛り上げます。
『ながと仙崎花火大会』は、海岸通りから鑑賞できます。

仙崎祇園祭(第65回ながと仙崎花火大会)|長門市|2019
開催日時 2019年7月19日(金)~7月26日(金)
所在地 八坂神社・仙崎漁港
場所 山口県長門市仙崎祇園町1339
電車・バスで JR仙崎駅から徒歩5分
ドライブで 中国自動車道美祢ICから約35km
問い合わせ 長門商工会議所 TEL: 0837-22-2266
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
仙崎みすゞ通り

仙崎みすゞ通り

金子みすゞの故郷、山口県長門市仙崎。JR仙崎駅から仙崎の岬の先端へ、北にのびる1kmほどの道が仙崎みすゞ通り。沿道には、金子みすゞ記念館が建っている金子みすゞの生家跡や、童謡詩に描いた店や風景、みすゞの墓がある偏照寺などが点在しています。金

八坂神社(仙崎)

八坂神社

仙崎漁港に面して建つ、八坂神社。かつては祇園社と呼ばれていました(今も祇園様と呼ばれています)。みすゞ通りにも小さな鳥居があり、ここに金子みすゞの童謡詩「祇園社」の碑が立っています。王子山、弁天島、花津浦、極楽寺、波の橋立、小松原と並び、祇

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ