薬師湯

薬師湯

温泉のある津(港)というのが地名の由来の島根県大田市にあるレトロな温泉地、温泉津(ゆのつ)。2ヶ所の共同湯のひとつ薬師湯は、明治5年の浜田大地震の地殻変動で湧出。震湯、あるいは内藤家の湯ということで、藤乃湯とも呼ばれていました。建物のすぐ後ろから46度前後の源泉が自然湧出、そのまま湯船に注がれています。

休憩室や屋上も素敵! お見逃しなく

薬師湯

浜田藩の儒学者・中川顕允(なかがわあきすけ)が文政3年(1820年)に編纂した『石見外記』(いわみがいき)には、温泉津は「塩温泉」と記され、城崎温泉(きのさきおんせん)に次いで全国二番目の温泉であると記しています。

泉質は「塩温泉」と記されていますが、ナトリウム・カルシウム-塩化物泉。
地下2m~3mから湧き出していますが、源泉そのものは無色透明。
空気に触れると、薄い茶褐色のように変色します。
「季節や時間によって、黄金色やエメラルドグリーンっぽい色に変化」とは地域活性にも尽力し、「ヘルスツーリズム」にも取り組む当主の内藤陽子さんの解説。
ミネラルが多く、源泉から浴場までの距離が短いため、泉源の炭酸が抜けないのも特長だとか。
だから、「芯まで温まって、血管が開いて血流が良くなるんです」(内藤さん)。

2階には、洋館風の窓が印象的でお洒落な休憩室も。
湯上がりに「薬師湯」屋上はガーデンテラスからレトロな家並みを眺望できるほか、コーヒーマシンが置いてあり、セルフサービスでコーヒー(無料)をいただくことができます。
薬師湯旧館(大正8年築の木造洋館を再生)の震湯カフェ内蔵丞(しんゆかふぇくらのじょう)、震湯ギャラリーでのんびりとくつろぐことも可能。
レトロな宿泊施設「温泉津庵」(田舎ツーリズム体験宿泊施設)も営業しています(1日1グループのみ宿泊可能)。

温泉街では全国で初めて、国の重要伝統的建造物群保存地区に選ばれた家並みにあるので、湯上がりの散策も楽しめます。

名称 薬師湯/やくしゆ
所在地 島根県大田市温泉津町温泉津ロ7-1
関連HP 薬師湯公式ホームページ
電車・バスで JR温泉津駅から徒歩20分、またはJR温泉津駅から大田市営バス温泉津温泉行き8分、元湯温泉前下車
ドライブで 山陰自動車道(仁摩温泉津道路)温泉津ICから約2.8km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 薬師湯 TEL:0855-65-4894/FAX:0855-65-3728
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
大田市温泉津伝統的建造物群保存地区

大田市温泉津伝統的建造物群保存地区

江戸時代には銀山奉行支配の幕府直轄領となり、17世紀初めまでは石見銀の積み出し港として繁栄した島根県大田市の温泉津(ゆのつ)。平成19年7月に世界文化遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の構成資産。銀山衰退後は北前船の出入りする港として、さ

温泉津温泉元湯

温泉津温泉元湯

「温泉のある津(港)」という地名の通りに北前船で栄えた温泉津(ゆのつ/島根県太田市)は、開湯1300年を誇る古湯の町。世界文化遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の構成資産でもある温泉町の共同湯は、元湯と薬師湯の2ヶ所。なかでも元湯は泉薬湯

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ