天ヶ瀬温泉共同露天風呂「神田湯」

天ヶ瀬温泉共同露天風呂「神田湯」

大分県日田市、天ヶ瀬温泉の玖珠川沿いに点在する5ヶ所の共同露天風呂のひとつが神田湯(じんでんゆ)。川沿いの車道から階段を下って河原に下ると、岩風呂風の神田湯の湯船(混浴)があり、脇には簡易脱衣所も用意されていますが、実に開放的なロケーションです。

玖珠川河原にある源泉かけ流しの露天風呂

周囲の旅館から入浴が丸見え状態で、女性の入浴には少々勇気がいるため、薬師湯同様に水着、湯浴み着、バスタオル着用での入浴も許されています。
泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉(源泉温度80度)で、 もちろん、源泉かけ流し。
天ヶ瀬温泉は主に単純硫黄泉なので、宿泊先のホテル・旅館の泉質と異なることも多く、温泉ファンの入浴の大きな目的になるゆえんです。

令和2年7月の九州豪雨で、玖珠川が氾濫し、浸水など大きな被害を受けた天ヶ瀬温泉。
共同露天風呂「神田湯」も壊滅的な被害を受けましたが、復興しています。

「入浴前、備え付けの料金箱に入浴料を入れる前に必ず温泉の温度をご確認下さい。時々熱く、時に温くで入浴できないことがあります」(日田市観光協会天ヶ瀬支部)とのこと。

この九州豪雨を受け、大分県では令和4年度から10年計画で、天ヶ瀬温泉を流れる玖珠川の河川改修計画を実施。
護岸が低い場所では擁壁を整備し、川幅を最も狭い場所で45mから57mに拡幅する予定。
工事の進捗とともに、ホテルの移転、共同露天風呂「神田湯」の休止などもあるので注意が必要。

注/TOPの画像は令和2年7月の九州豪雨以前に撮影した画像で、新天瀬橋の崩落など現状は多少変化しています

天ヶ瀬温泉共同露天風呂「神田湯」
名称 天ヶ瀬温泉共同露天風呂「神田湯」/あまがせおんせんこうきょうろてんぶろ「じんでんゆ」
所在地 大分県日田市天瀬町桜竹
関連HP 日田市観光協会天瀬支部公式ホームページ
電車・バスで JR天ヶ瀬駅から徒歩10分
ドライブで 大分自動車道天瀬高津ICから約10km
駐車場 市営桜滝駐車場(20台/無料)
問い合わせ 日田市観光協会天瀬支部 TEL:0973-57-2166
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
天ヶ瀬温泉共同露天風呂「薬師湯」

天ヶ瀬温泉共同露天風呂「薬師湯」

大分県日田市、天ヶ瀬温泉の玖珠川沿いに点在する5ヶ所の共同露天風呂のひとつで、天ヶ瀬橋近くの河原にある共同露天風呂(混浴)が、薬師湯。そば饅頭本舗「田代屋」前から露天風呂へと下る階段があり、例年、冬場は風除けのシートで目隠しされていますが夏

天ヶ瀬温泉共同露天風呂「鶴舞の湯」

天ヶ瀬温泉共同露天風呂「鶴舞の湯」

大分県日田市、天ヶ瀬温泉の玖珠川沿いに点在する5ヶ所の共同露天風呂のうち、最上流にあるのが鶴舞の湯(つるまいのゆ)。川沿いの道から河原に降りた場所にあるため、ここも混浴で開放的。地元の人の利用も多い、地域密着型の共同湯です。地域密着型の湯な

天ヶ瀬温泉共同露天風呂「益次郎温泉」

天ヶ瀬温泉共同露天風呂「益次郎温泉」

大分県日田市、天ヶ瀬温泉の玖珠川沿いに点在する5ヶ所の共同露天風呂のひとつが、益次郎温泉。天ヶ瀬温泉の天保年間創業という老舗旅館「天龍荘」前の河原にある混浴の露天風呂。大村益次郎は天龍荘(前身は長屋旅館)にも逗留したといい、この露天風呂もゆ

桜滝

桜滝

大分県日田市、天ヶ瀬温泉街の外れにある落差25m、幅15mの滝が、桜滝。慈恩の滝、観音の滝と合わせて天瀬三瀑(天瀬の三瀑)のひとつ。五馬高原に源を発し、玖珠川に合流する合楽川にかかる滝で、しぶきが桜のように舞うことが名の由来で、優美な姿は大

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ