久留島武彦記念館

久留島武彦記念館

大分県玖珠郡玖珠町森の三島公園内にあるミュージアムが久留島武彦記念館(くるしまたけひこきねんかん)。旧町立保育園を増改築した記念館で、玖珠町出身の童話作家の久留島武彦を紹介しています。久留島武彦は、童謡『夕やけ小やけ』の作詞者で、童話を語り聞かせた口演童話活動で全国の幼稚園、小学校を訪れています。

「日本のアンデルセン」久留島武彦を紹介

久留島武彦記念館

館内は、歴代久留島武彦文化賞の受賞者を紹介する「久留島武彦文化賞」、全国に点在する久留島武彦童謡碑を紹介の「童話碑が見える部屋」、久留島武彦の生涯を解説する「久留島先生を学ぶ部屋」、親子で絵本を読んだりブロック遊びをしたりができる「いぬはりこの部屋」、口演肉声を聞く「ものがたりの部屋」、日本全国、世界各国における活動を紹介する「日本を旅する部屋」、「世界を旅する部屋」、愛用品、書簡、書籍を展示する「久留島先生ゆかりの部屋」、巖谷小波(いわやさざなみ)、後藤新平、勝海舟(かつかいしゅう)、岡本太郎などとの交流を学ぶ「出会いの部屋」、記念館オリジナルグッズや書籍を販売する「ショップ」の10コーナーに分かれています。

藩政時代、森藩が置かれた陣屋町・森。
森藩は石高1万4000石と、豊後でもっとも小さな藩で、本来は城を構えることができない規模。
慶長6年(1601年)に入封した村上水軍の一族・来島(久留島)氏は、角埋山(つのむれやま)の麓に陣屋を構え、町を整備。
その後、陣屋町・森は、武家だけでなく商人や職人も集められ発展、中心部には水路や土蔵造りの商家が今も残されています。
つまり、久留島武彦は、村上水軍・久留島氏の末裔ということに。

久留島陣屋跡の三島公園内には久留島武彦記念館のほか、旧久留島氏庭園、末廣神社、末廣神社・栖鳳楼などが残されています。

名称 久留島武彦記念館/くるしまたけひこきねんかん
所在地 大分県玖珠郡玖珠町森855
関連HP 久留島武彦記念館公式ホームページ
電車・バスで JR豊後森駅から玖珠観光バスで童話碑入口下車、徒歩3分
ドライブで 大分自動車道玖珠ICから約2km
駐車場 三島公園公共駐車場(30台/無料)
問い合わせ TEL:0973-73-9200/FAX:0973-73-9201
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
末廣神社・栖鳳楼

末廣神社・栖鳳楼

藩政時代、豊後森藩の陣屋町として栄えた、大分県玖珠郡玖珠町森の三島公園にある末廣神社。江戸時代後期、この地にあった三島宮改築を名目に、石垣や堀、楼閣形式の別邸である栖鳳楼(せいほうろう)、大名庭園などを配し、城郭のような体裁を整えていきまし

三島公園(久留島陣屋跡・旧久留島氏庭園)

三島公園(久留島陣屋跡・旧久留島氏庭園)

藩政時代、豊後森藩の陣屋が置かれたのが、大分県玖珠郡玖珠町森の三島公園。豊後国森藩の8代藩主、久留島通嘉(くるしまみちひろ)が、6年の歳月と巨費を投じて築造させた久留島陣屋跡。三島公園として整備された園内には、旧久留島氏庭園、末廣神社、末廣

末廣神社

末廣神社

藩政時代、豊後森藩の陣屋町として栄えた、大分県玖珠郡玖珠町森の三島公園にある神社が末廣神社。末廣神社は慶長6年(1601年)、森藩主・来島長親(くるしまながちか)のルーツである来島水軍(村上水軍の一族)が信仰した、伊予・大三島の大山祗神社(

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ