余の滝

余の滝

大分市宇佐市院内町原口にある滝、余の滝(あまりのたき)。院内余温泉から東南に1kmほどの駅館川(やっかんがわ)上流の余川に懸かり、落差は48m。水量は少なく、岩盤にぶつかって幾筋かに分かれるさまから「末広の滝」との別名があります。両合棚田、宇佐のマチュピチュ(西椎屋の景)にも近いのであわせて探勝を。

両合棚田の下流に美しい滝が!

余の滝

駅館川には、駅館川三大瀑布といわれる西椎屋の滝、東椎屋の滝、福貴野の滝が有名ですが、余の滝は、これらの直瀑とは異なり滑滝状。
『豊前志』(明治32年)に「白布(しらぬの)を三段四段(みきだよきだ)にたちきりて巖(いわほ)の上にたれさらすらむ」と記されています。
また滝壺の下流には、滑床のような滝も存在。

院内余温泉から南に走った駐車場から余の滝展望所までは遊歩道で5分ほど。

車で10分ほどの場所には「日本の棚田百選」に選ばれた両合棚田(余の滝の上流側)、15分ほど走らせれば宇佐のマチュピチュ(西椎屋の景)があります。

名称 余の滝/あまりのたき
所在地 大分県宇佐市院内町平原
関連HP 宇佐市公式観光サイト
ドライブで 宇佐別府道路安心院ICから約13km
駐車場 余の滝駐車場(10台/無料)、駐車場から滝見台まで徒歩5分
問い合わせ 宇佐市観光・ブランド課 TEL:0978-27-8171
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
両合棚田

両合棚田

大分県宇佐市院内町にある日本の棚田百選に選定の棚田が両合棚田。棚田の中央を流れる小平川を境に西の小平地区、東の滝貞地区が出合うという意味で、一帯が両合と呼ばれています。4haに120枚の棚田が耕作され、小平川を挟んだ両側の急斜面に棚田が広が

院内町石橋群・両合川橋

院内町石橋群・両合川橋

大分県宇佐市院内町にある院内町石橋群のひとつが両合川橋。旧安心院町との境に近い余谷(あまりだに)地区の小平川に架る道路橋で、日本の棚田百選に選定される両合棚田に中心に位置しています。大正14年10月に石工・吉村万太郎が架橋。橋を挟んで東西に

宇佐のマチュピチュ

宇佐のマチュピチュ

耶馬渓最南部の大分県宇佐市院内町西椎屋(にししいや)にある景勝地。円錐形をした山の峰と棚田の風景が、世界遺産であるペルー・マチュピチュの空中都市に似ていることから「宇佐のマチュピチュ」と呼ばれています。「マチュピチュの景」とも「西椎屋の景」

西椎屋の滝

玖珠郡玖珠町を流れる駅館川(やっかんがわ)上流、日出生ダム(ひじゅうダム)直下に位置する西椎屋の滝。東椎屋の滝、福貴野の滝とともに、「宇佐の三瀑」のひとつに数えられる名瀑。高さ86mもの急崖を豪快に落下する大飛瀑は、迫力満点で「日本の滝百選

東椎屋の滝

宇佐市安心院町(あじむまち)にあり、落差85mの巨瀑で、「九州華厳」の別名をもつ、東椎屋の滝(ひがししいやのたき)。西椎屋の滝、福貴野の滝とともに「宇佐の三滝」と呼ばれ、「日本の滝百選」にも選定。駐車場から滝までは300m、徒歩10分。周囲

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ