万年山

万年山

玖珠盆地の南方、大分県玖珠郡玖珠町、日田市、九重町にまたがり、耶馬日田英彦山国定公園内にある、標高11139.9mの万年山(はねやま)。スペイン語でテーブルを意味する「メサ」と呼ばれる平坦地(卓状台地)が、山頂部に広がる山のなかでも、「二重メサ」(ダブルメサ)を有する山として、地質学上も珍しい存在。

「玖珠二重メサ」として日本の地質百選に選定

万年山

上下二段になったメサの山頂部は、東西に5km、南北に1.5kmもの溶岩台地で、表面を草木が覆い、ゆるやかな起伏の草原が広がっています。
下段のテーブル面も、西北西から東南東に9km、北北東から南南西にかけて4kmという広大さを誇る台地。

山腹には万年山牧場、吉武台牧場などが点在し、8合目にあたる吉武台牧場の駐車場からは、山頂まで約40分という最短のハイキングコースも整備されています。
9合目には避難小屋や炊事場、トイレもあり、途中にはミヤマキリシマの群落も(例年5月下旬が見頃)。
山頂ではくじゅう連山や玖珠盆地、由布岳などが一望のもとの大パノラマを得ることができます。「玖珠二重メサ」として、日本の地質百選にも選定。

万年山の北側にある帽子を伏せたような伐株山(きりかぶやま/685.4m)は、久大本線の車窓からも印象的な山容ですが、メサ(卓状台地)が侵食されてできたビュート(butte=孤立丘)と呼ばれる地形の典型例。
万年山とともに玖珠町のシンボルとなっています。

名称 万年山/はねやま
所在地 大分県玖珠郡玖珠町山浦
ドライブで 大分自動車道玖珠ICから約10kmで吉武台牧場駐車場
駐車場 吉武台牧場駐車場を利用(万年山牧場内には車両進入不可)
問い合わせ 玖珠町商工観光振興課 TEL:0973-72-7153
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
伐株山(玖珠城跡)

伐株山(玖珠城跡)

大分県玖珠郡玖珠町、玖珠(くす)盆地の南に位置する標高685.4mの山、伐株山(きりかぶやま)。耶馬日田英彦山国定公園に指定される山頂はメサ(卓状台地)と呼ばれる平坦な草原で、その名の通り、まるで木の切り株跡のようなユニークな山容。その平坦

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ