東椎屋の滝

宇佐市安心院町(あじむまち)にあり、落差85mの巨瀑で、「九州華厳」の別名をもつ、東椎屋の滝(ひがししいやのたき)。西椎屋の滝、福貴野の滝とともに「宇佐の三滝」と呼ばれ、「日本の滝百選」にも選定。駐車場から滝までは300m、徒歩10分。周囲を絶壁の奇岩群に囲まれた渓谷で、新緑、紅葉の時期と散策に絶好です。

初夏には山伏が護摩を焚く『東椎屋の滝 滝開き』を開催

豊後国日出藩出身の幕末の儒学者・帆足万里(ほあしばんり)は「心潔むるの地」として門人を連れて二度、東椎屋の滝を訪問。
滝近くには帆足万里の詩碑が立っています。

滝の上部は新耶馬溶岩、下部は集塊岩で、国の名勝「耶馬渓」(やばけい)の一部になっています。
滝周辺には200万年前の人見岳火山岩類(輝石安山岩)の柱状節理が発達しています。
滝の裏には観音石像が安置されており、観音信仰の霊場だったことがわかります。

駐車場から東椎屋の滝までは、川沿いを歩くので、短い距離ですが足回りはしっかりと。

例年、6月の日曜に山伏が法螺貝(ほらがい)を吹き、護摩焚(ごまだき)をして観光客の安全を祈願する『東椎屋の滝 滝開き』が行なわれています。

東椎屋の滝 DATA

名称 東椎屋の滝/ひがししいやのたき
所在地 大分県宇佐市安心院町東椎屋
関連HP 宇佐市観光協会
電車・バスで JR中津駅から大分交通・中津観光バス安心院行き60分、終点下車、町営バス乗換え15分、東椎屋の滝下車、徒歩10分
ドライブで 宇佐別府道路安心院ICから約12.5km(31分)。または、大分自動車道別府湾スマートICから約14.4km(34分)
駐車場 60台/有料
問い合わせ 宇佐市観光協会安心院支部TEL:0978-34-4839/FAX:0978-34-4839
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

西椎屋の滝

2017.08.25
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ