両合棚田

両合棚田

大分県宇佐市院内町にある日本の棚田百選に選定の棚田が両合棚田。棚田の中央を流れる小平川を境に西の小平地区、東の滝貞地区が出合うという意味で、一帯が両合と呼ばれています。4haに120枚の棚田が耕作され、小平川を挟んだ両側の急斜面に棚田が広がっています。小平川に石橋の両合川橋が架かり、被写体としても人気です。

江戸時代に築かれた石垣の棚田が現存

室町時代に耕作が始まり、江戸時代には現状の石積みが築かれたという歴史ある棚田。
狭くて急峻な地形のため石積みで段々に田を築き、稲木(いなぎ)を使った昔ながらの掛け干し(稲木干し)による稲作が行なわれています。

平成25年5月、大分県の国東半島・宇佐地域が世界農業遺産に認定されたため、両合棚田は宇佐市の農業遺産のシンボルとして、再生保全活動を開始。
小平、滝貞集落ともに小集落で、人口減少や高齢化が進行、しかも棚田では重機などの省力化が難しく、鹿や猪の獣害被害により耕作地が減少したため、小平地区、滝貞地区全世帯で「両合棚田を守る会」を設立。
さらに地域活動団体、行政なども加わった「両合棚田再生協議会」も結成され、「両合棚田地域再生プロジェクト」により、農業の継続、景観の保全、余谷地域の活性化を図っています。

生産される両合棚田米は、一部が道の駅いんないなどで販売されるほか、大部分が自家消費となっていますが、毎年開催される『両合棚田フォトコンテスト』(「両合棚田」の景観や地域の営みの素晴らしさを再発見するためのコンテスト)の賞品としても提供されています。

農作業の妨げにならないようマナーを守って見学を。

ちなみに大分県内の「日本の棚田百選」選定の棚田は、両合棚田のほかに、有名な内成棚田(別府市)、由布川奥詰棚田(由布市)、軸丸北棚田(豊後大野市)、山浦早水棚田(玖珠町)、羽高棚田(中津市)と合計6ヶ所あります。

名称 両合棚田/りょうあいたなだ
所在地 大分県宇佐市院内町滝貞・小平川
関連HP 宇佐市公式観光サイト
ドライブで 宇佐別府道路安心院ICから約15km
問い合わせ 宇佐市観光ブランド課ブランド推進係 TEL:0978-27-8156
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
院内町石橋群・両合川橋

院内町石橋群・両合川橋

大分県宇佐市院内町にある院内町石橋群のひとつが両合川橋。旧安心院町との境に近い余谷(あまりだに)地区の小平川に架る道路橋で、日本の棚田百選に選定される両合棚田に中心に位置しています。大正14年10月に石工・吉村万太郎が架橋。橋を挟んで東西に

宇佐のマチュピチュ

宇佐のマチュピチュ

耶馬渓最南部の大分県宇佐市院内町西椎屋(にししいや)にある景勝地。円錐形をした山の峰と棚田の風景が、世界遺産であるペルー・マチュピチュの空中都市に似ていることから「宇佐のマチュピチュ」と呼ばれています。「マチュピチュの景」とも「西椎屋の景」

道の駅いんない

道の駅いんない

大分県宇佐市院内町副を走る国道387号沿いにある道の駅が道の駅いんない。75の石橋が現存し、石橋の数、密集度日本一という院内を象徴した「石橋ステーション」なる石造アーチ橋を模したモニュメントを設置。石橋の解説や観光情報のほか、農産物直売所、

院内町石橋群・鳥居橋

院内町石橋群・鳥居橋

大分県宇佐市院内町を流れる恵良川に架かる5連の石造アーチ橋で、75基と日本一の石橋の数を誇る院内町石橋群のなかでも、屈指の出来と称される石橋が鳥居橋。その優美さから「石橋の貴婦人」との別名も。完成は大正5年で、「石橋王」とも呼ばれた当時最高

院内町石橋群・荒瀬橋

院内町石橋群・荒瀬橋

大分県宇佐市院内町副にある、大正2年築造の石造アーチ橋が荒瀬橋。恵良川に架かる2連アーチの石造橋ですが、その高さは18.3mと院内町石橋群でも最高を誇っています。院内を代表する石造橋を数多く手がけ、「石橋王」との異名をもつ名石工・松田新之助

院内町石橋群・久地橋

院内町石橋群・久地橋

大分県宇佐市院内町斎藤にある院内町石橋群のひとつが久地橋(きゅうちばし)。恵良川支流・日岳川に架かる桁橋として、明治初期に築かれたものと推測されています。橋の長さは7.15m、幅は1.8mほどで、アーチなどはなく、谷をまたいで2本の石桁を渡

院内町石橋群・分寺橋

院内町石橋群・分寺橋

大分県宇佐市院内町を流れる恵良川に架る石橋が分寺橋。院内町石橋群のひとつに数えられる3連アーチの石橋で、大正初期に架けられたもの。担当した石工は高名繁喜で、院内町石橋群ではこの橋だけが高名繁喜が架けたものと推測されています。昭和20年、太平

院内町石橋群・御沓橋

院内町石橋群・御沓橋

大分県宇佐市院内町御沓(みくつ)にある、大正14年築造の石造3連アーチ橋が御沓橋。院内地区は75基の石造橋が現存する日本一の石橋密集のエリアですが、院内町石橋群のなかでもこの御沓橋は、橋の長さが59mと、町内では最長を誇っています。しかも「

羽高棚田

羽高棚田

大分県中津市を走る県道646号(津民中摩線)沿い、奥耶馬溪(おくやばけい)にもほど近い、羽高(はだか)地区にある山間の棚田が羽高棚田。その起源は戦国時代から江戸時代頃と伝わり、4.9ha、70枚ほどと規模は小さいのですが、伝統的な石積みの棚

内成棚田

別府市街の南、由布市との境に位置する内成地区は、別府市では貴重な農地。「日本の棚田百選」に選定される内成棚田は、勢場、太郎丸、梶原の3集落30戸が耕作する41.7haの棚田。近世(戦国時代~江戸時代)に始まったという歴史ある水田で、今も10

余の滝

余の滝

大分市宇佐市院内町原口にある滝、余の滝(あまりのたき)。院内余温泉から東南に1kmほどの駅館川(やっかんがわ)上流の余川に懸かり、落差は48m。水量は少なく、岩盤にぶつかって幾筋かに分かれるさまから「末広の滝」との別名があります。両合棚田、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ