ナガレ山古墳

ナガレ山古墳

奈良県北葛城郡河合町、馬見古墳群(うまみこふんぐん)の中央部にある墳丘長105mの前方後円墳が、ナガレ山古墳。昭和50年〜昭和51年に土砂の採取で一部が削られたため、国の史跡として保護され、東側のテラスには埴輪列、斜面を覆う葺石なども復元されて、平成8年に公開されています。

古墳の東側を築造当初の姿に復元し、古代・現代の対比が実現

ナガレ山古墳

前方部を南に向けた前方後円墳で、墳丘長105m、後円部の直径64m、高さ8.5m、前方部の幅70m、高さ6.2mで、墳丘の形態や埴輪の特徴から5世紀初頭の築造。

前方部墳頂には埋葬施設が現存。
箱形木棺を粘土で覆った粘土槨(ねんどかく=木棺の四周を粘土で被覆する埋葬施設)です。
後円部の埋葬施設は失われていて不明ですが、水銀朱や粘土の塊が出土したことから、粘土槨だったことがわかっています。
被葬者は不明ですが、古代に一帯を支配した豪族・葛城氏の一族とも推測できます。
東側くびれ部には2列の埴輪列で区画された通路状遺構が確認され、目下、全国で唯一の例となっています。

復元された古墳は、東側が築造当時の姿、西側には芝生が張られ、墳頂部と西側埴輪列は、植栽で表現し、現在の姿と、1600年という時の流れを体感することができる仕組み。
葺石は、二上山麓の安山岩や花崗岩が使用されていますが、これも発掘調査で往時の葺石を分析してのこと。
復元された埴輪列は494本はFRP製、残りの181本が河合町民が粘土を積み上げてつくったもの。
町民が実際に復元することで、当時埴輪製造を担った土部(はじべ)の技術の高さを実感できたとのこと。

馬見古墳群には、中央群に巣山古墳、新木山古墳、ナガレ山古墳、佐味田宝塚古墳、南群に築山古墳、新山古墳、狐井城山古墳、コンピラ山古墳、狐井塚古墳、そして北群に川合大塚山古墳、島の山古墳などがあります。

ナガレ山古墳
ナガレ山古墳
名称 ナガレ山古墳/ながれやまこふん
所在地 奈良県北葛城郡河合町佐味田
関連HP 河合町公式ホームページ
電車・バスで 近鉄池部駅から徒歩30分
ドライブで 西名阪自動車道法隆寺ICから約4km
駐車場 馬見丘陵公園中央駐車場を利用
問い合わせ 河合町生涯学習課 TEL:0745-57-2271/FAX:0745-57-1165
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
巣山古墳

巣山古墳

奈良県北葛城郡広陵町にある墳丘長210mという巨大古墳(全国28位、奈良県内11位)が、巣山古墳。奈良盆地の西部に広がる馬見丘陵(うまみきゅうりょう)の中央部に位置する前方後円墳。馬見古墳群(中央群)を構成する古墳のひとつで、国の特別史跡に

新木山古墳

新木山古墳

奈良県北葛城郡広陵町にある墳丘長200mという巨大な前方後円墳が、新木山古墳(にきやまこふん)。実際の被葬者は明らかではありませんが、宮内庁から三吉陵墓参考地として敏達天皇の皇子・押坂彦人大兄皇子(おしさかのひこひとのおおえのみこ)の陵墓参

築山古墳

築山古墳

奈良県大和高田市築山にある墳丘長210mの巨大な前方後円墳が、築山古墳(つきやまこふん)。馬見古墳群(うまみこふんぐん)を構成する古墳のひとつで、南群の盟主。実際の被葬者は明らかでありませんが、宮内庁は、磐園(いわぞの)として顕宗天皇(けん

川合大塚山古墳

川合大塚山古墳

奈良県北葛城郡河合町にある墳丘長215m(197mとも)という巨大な前方後円墳が、川合大塚山古墳。馬見古墳群(うまみこふんぐん)を構成する古墳の1基。前方後円墳、方墳、円墳など8基の古墳で構成される大塚山古墳群の中心で、周辺の古墳7基ととも

島の山古墳

島の山古墳

奈良県磯城郡川西町にある墳丘長200mという巨大な前方後円墳が、島の山古墳(しまのやまこふん)。馬見古墳群(うまみこふんぐん)の1基で、川合大塚山古墳(河合町川合/墳丘長215m)などとともに北群を構成しています。国の史跡、そして出土品は国

新山古墳

新山古墳

奈良県北葛城郡広陵町にある墳丘長126mの前方後円墳が、新山古墳(しんやまこふん)。宮内庁は、大塚陵墓参考地として武烈天皇の陵墓参考地に治定しています。馬見古墳群に属する1基で、4世紀前半の築造と推測されるため、実際の被葬者は、葛城国造(か

コンピラ山古墳

コンピラ山古墳

奈良県大和高田市にある直径95m、高さ12.7mという巨大な円墳が、コンピラ山古墳。馬見古墳群(南群のうち築山古墳群)の1基で、築山古墳(つきやまこふん/墳丘長210mの前方後円墳、磐園陵墓参考地)の東側に築造された大型円墳。日本国内トッ

狐井塚古墳

狐井塚古墳

奈良県大和高田市にある墳丘長75mの前方後円墳が、狐井塚古墳(きついづかこふん)。古墳の規模はさほどではありませんが、宮内庁から陵西陵墓参考地として、顕宗天皇(けんぞうてんのう)の皇后・難波小野女王(なにわのおののみこ)の陵墓参考地に治定さ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ