屈斜路湖

屈斜路湖

北海道東部、弟子屈町(てしかがちょう)にある屈斜路カルデラのカルデラ湖が屈斜路湖(くっしゃろこ)。湖面面積79.54平方キロで、日本第6位という巨大な湖です。もちろんカルデラ湖としては日本最大。全面結氷する淡水湖としても日本最大で、厳冬期には諏訪湖で有名な「御神渡り」(おみわたり)を観察することも。

日本最大のカルデラ湖を探勝

屈斜路(くっしゃろ)という地名は、アイヌ語のクチャラ(kutcar=のど口/クチャロ・kutcaro)の意。
釧路川の源流となる流出口近くには、幕末の探検家・松浦武四郎(『久摺日誌』に記載)も立ち寄ったアイヌの集落(コタン)があり、そのコタンから、クッチャロの名は有名だったのです。
弟子屈町では、クッシャロは、「湖の水が流れ出る川口」と訳しています。
湖は、アイヌの慣習で、特別の名はなくただトー(to=沼・湖)と呼ばれていたと推測できます(これは北海道最大の湖であるサロマ湖などでも同様です)。

屈斜路カルデラは東西26km、南北20kmの日本最大のカルデラ(阿蘇カルデラ=東西18km、南北25km)。
巨大な湖の中央には中島があり、この中島は実は溶岩円頂丘。
面積5.7平方キロ、周囲12kmは、湖中の島としては日本最大です。

南岸から中島に突き出した和琴半島では、その先端(湖側)に今も噴気を上げるオヤコツ地獄(松浦武四郎も立ち寄り、『久摺日誌』に記載されています)がありますが、この和琴半島ももともとは屈斜路湖の火山島。
尾札部川(おさつべがわ/上流に外輪山から落下する幻の滝・オサッペの滝があります)から流出する土砂の堆積で陸繋島(りくけいとう)になったもの。
半島を一周する和琴半島自然探勝路が整備されているので、時間が許せばぜひ探勝を。

屈斜路湖
和琴半島とカルデラ外輪山

カルデラ外輪山の展望台から湖を眺望

巨大な屈斜路湖を眺めるポイントは、国道243号途中の美幌峠(道の駅「ぐるっとパノラマ美幌峠」)、道道102号(網走川湯線)沿いの藻琴峠(「ハイランド小清水」)、さらには藻琴峠展望駐車公園が有名ですが、もっとも標高の高い津別峠展望台、さらには摩周湖第三展望台からも眺望できます。

あまり知られていませんが、屈斜路湖の北岸に、屈斜路湖畔林道がありますが、走行には原則として地元営林署の入林許可が必要です。
北岸には藻琴山からの沢がありますが、砂金採掘をされたという沢もあります。

屈斜路湖は、湖中の温泉湧出により、魚が絶滅状態でしたが、近年、放流もあってアメマス、ニジマスなどが増えています。

モーターボートによる周遊は、「砂湯レストハウス レタラチップ」で。

ドライブなら、単に国道243号で美幌峠を越えるのではなく、川湯温泉〜仁伏温泉〜砂湯〜コタンと湖の南岸を走る道道52号(屈斜路摩周湖畔線/クッシー街道)、藻琴峠を越える道道102号(網走川湯線)もおすすめです。
ダート好きな人は、道道588号(屈斜路津別線)で津別峠へ。

ちなみに、アトサヌプリ(硫黄山)、サワンチサッブ、マクワンチサップなどの溶岩ドーム群、摩周火山(摩周湖)は、もともと屈斜路湖のあった場所(屈斜路カルデラの火口原)で、火山活動により誕生したもの。
摩周湖は、屈斜路カルデラ内にある、摩周カルデラという二重複式のカルデラなのです。

なお、かつてネッシーならぬクッシーの目撃が相次いだことがありましたが、魚の生息数の少ない屈斜路湖で大型の生物が生存する可能性はなく、ヒグマが中島へと渡るのを誤認したのではなどと推測されています。

屈斜路湖
厳冬期には藻琴山に向かって御神渡りも
名称 屈斜路湖/くっしゃろこ
所在地 北海道川上郡弟子屈町
関連HP 摩周湖観光協会公式ホームページ
ドライブで 釧路空港から約80km
問い合わせ 摩周湖観光協会 TEL:015-482-2200
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

美幌峠

屈斜路(くっしゃろ)カルデラ外輪山にあたる、標高490mの峠で、屈斜路湖を見下ろす展望台。『君の名は』のロケ地としても有名で、道東では人気ナンバーワンのビュースポットに。激しい気象環境のため、一帯はクマザサの草原に。弟子屈(てしかが)と美幌

津別峠展望台

屈斜路(くっしゃろ)カルデラを取り囲む外輪山のうち、西端にあるサマッカリヌプリ(標高974.4m)の南肩にある展望台。標高も約1000mあり、屈斜路外輪山にある車で行ける展望地としては、最高所。道道588号(屈斜路津別線/冬期閉鎖)の津別峠

砂湯

屈斜路湖(くっしゃろこ)の湖畔にある温泉(単純泉)で、波打ち際の砂浜を掘ればたちまち熱い温泉が湧き出るというので砂湯の名が。誰でも自由に「露天風呂」が造れる場所となっています。砂を少し掘って、横たわり、砂をかければ、即席砂風呂が完成という野

ハイランド小清水725

標高999.9mの藻琴山の東肩、標高725mにある展望レストハウス。一帯が小清水町であること、標高が725mというのが名の由来で道道102号網走川湯線の藻琴峠(標高649m)から藻琴山方面に舗装道路を走った終点に建っています。駐車場は藻琴山

コタン温泉露天風呂

「弟子屈町屈斜路コタンアイヌ民俗資料館」のあるコタンに湧く温泉がコタン温泉で、露天風呂と共同浴場があります。露天風呂は、湖ぎりぎりに位置し、庭石を組んだ簡素な岩風呂。脱衣所は男女別にありますが、湯船は岩の仕切りがあるのみで、混浴同然になって

藻琴山展望駐車公園

藻琴山展望駐車公園

北海道弟子屈町(てしかがちょう)、川湯温泉から藻琴山の肩を越えて網走を結ぶ道道102号(網走川湯線)沿いにある絶景の展望駐車公園が藻琴山展望駐車公園。屈斜路カルデラの外輪山の尾根上、標高460mに位置する駐車公園で、周囲はクマザサとダケカン

面積の大きい湖 TOP10

面積の大きい湖 TOP10

日本最大の湖といえば琵琶湖ですが、では2番目というと、正解率は一気に下がります。東海地区の人は、浜名湖はベスト5入りしていると確信していますが、実は浜名湖は10位。大きさ順にいえば、琵琶湖、霞ヶ浦、サロマ湖、猪苗代湖、中海、屈斜路湖、宍道湖

日本の湖 深さランキングTOP10

日本の湖 深さランキングTOP10

意外に知られていませんが、日本は深い湖がたくさんある、「深い湖大国」、どうして深い湖が多いかといえば、理由は簡単、火山国だから。日本の湖で、深さランキングTOP10のなかで、8湖がなんとカルデラ湖(火山の爆発による陥没で生じた湖)、残りの2

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ