隅田川とうろう流し|2019

隅田川とうろう流し

2019年8月10日(土)18:30〜20:30、東京都墨田区の隅田川親水テラス、台東区の隅田公園親水テラスで『隅田川とうろう流し』が行なわれます。吾妻橋両岸で墨田区、台東区、同時に行なわれる灯籠流し。想いを込めて灯籠を隅田川に流します。

盂蘭盆に灯籠を流す『流灯祭』が復活!

昭和21年の復興祭の際に始まった『流灯祭』(盂蘭盆に灯籠を流すこと)は、数十万人を集める夏の風物詩でしたが、昭和41年の隅田川護岸工事に伴って廃止されました。
平成17年、隅田川親水テラスの連続化とスロープ整備の完成で、復活した『流灯祭』がこの『隅田川とうろう流し』です。

墨田区側の「とうろう」の事前販売は、吾妻橋観光案内所(墨田区役所2階)で。
当日販売はすみだリバーサイドホールイベントホール(墨田区役所2階)で受付(13:00〜予定数終了まで)。
台東区側の「とうろう」の当日販売は、13:00〜隅田公園入口(水上バス乗場前)で(予定数終了まで)。
事前購入は浅草観光連盟まで。

隅田川とうろう流し|2019
開催日時 2019年8月10日(土)18:30〜20:30
所在地 東京都台東区雷門2丁目地内・墨田区吾妻橋1丁目地内
場所 吾妻橋~言問橋
関連HP 浅草観光連盟公式ホームページ
電車・バスで 東京メトロ銀座線・東武スカイツリーライン・つくばエクスプレス浅草駅から徒歩1分。都営地下鉄浅草線浅草駅から徒歩3分
問い合わせ 浅草観光連盟 TEL:03-3844-1221/吾妻橋観光案内所 TEL:03-6658-8097
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

吾妻橋

1774(安永3)年10月17日に隅田川に架けられた歴史ある橋。隅田川の俗称である大川の名を取って大川橋と称していましたが、江戸の東にあるために町民たちから「東橋」と呼ばれ、吾嬬神社への参詣道でもあることから吾妻橋になりました。現在の橋は関

東京都観光汽船浅草営業所

浅草・吾妻橋から隅田公園に降りた所に水上バスの乗り場があります。東京都観光汽船の通称が水上バスで、浜離宮経由日の出桟橋行の隅田川ライン、浅草・お台場直通ライン「ヒミコ」が運航されている。お台場海浜公園へは「ホタルナ」「ヒミコ」なら直通で、隅

隅田公園|墨田区

隅田公園は隅田川の両岸、台東区浅草、花川戸、今戸と墨田区向島にまたがる公園。桜並木は、8代将軍・徳川吉宗の命で植栽された桜がルーツ。とはいえ当時の桜は、ソメイヨシノではありません。公園となったのは大正12年、関東大震災の帝都復興事業の一環で

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ