玄海海中展望塔

玄海海中展望塔

佐賀県唐津市鎮西町、東松浦半島の最先端、波戸岬の周辺海域は昭和45年に指定された日本で最初の海中公園「玄海海中公園」(現・玄海海域公園)。そんな波戸岬にあり、海中の様子を観察できるのが玄海海中展望塔。高さ20mの位置に設置された86mの桟橋を渡って白い展望塔に入場。水深7mの位置に海中展望室が設けられています。

玄海海域公園の海中を海中窓から観察

波戸岬空撮PHOTO MAP
波戸岬空撮PHOTO MAP

玄海海中展望塔の展望塔部分は直径10mほどで、海上デッキからの景色は玄海灘の島々が一望できる素晴らしいもの。
水深7mに位置する海中展望室に降りると24個の海中窓があり、窓の外には自然のままの海の中の世界が広がります。
波戸岬沖には東シナ海から北上する日本海流から枝分かれした対馬海流が流れるため、海流に乗ってやってくる熱帯魚の姿を観察することも。
海流がもたらす高水温で透明度の高い海水は、展望塔の窓からの観察を容易にしてくれるのです。

玄海海中展望塔で観察できるのは、キンチャクダイなどの熱帯魚やクロダイ、カサフグ、ソラスズメダイなど約30種の魚、アラメ、ホンダワラなどの海藻。
荒々しい玄界灘の海の中は意外に優しい印象を受けます。

画像協力/(一社)唐津観光協会

玄海海中展望塔
名称 玄海海中展望塔/げんかいかいちゅうてんぼうとう
所在地 佐賀県唐津市鎮西町波戸1628-1
関連HP 玄海海中展望塔公式ホームページ
電車・バスで JR唐津駅大手口バスセンターから昭和バス波戸岬行きで60分、終点下車、徒歩5分
ドライブで 西九州自動車道前原東ICから約48km。または、厳木多久道路牧瀬ICから約42.7m
駐車場 235台/無料(土・日曜、祝日と夏休み期間中は有料の場合あり)
問い合わせ TEL:0955-82-5907
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
波戸岬

波戸岬

佐賀県唐津市鎮西町、東松浦半島の先端に位置する岬が、波戸岬(はどみさき)。玄武岩の台地が芝に覆われた岬一と周辺の海が玄海国定公園、玄海海中公園(玄海海域公園)に指定され、夏には波戸岬海水浴場や波戸岬キャンプ場、玄海海中展望塔、離れ棟が人気の

波戸岬海水浴場

波戸岬海水浴場

佐賀県唐津市鎮西町、東松浦半島の先端に位置する岬が、波戸岬(はどみさき)にあるビーチが波戸岬海水浴場。汀線(浜の長さ)140mという小さなビーチですが、波戸海岸として「日本の渚百選」にも選定されています。また夕日の名所としても知られています

海中展望塔 全国7ヶ所完全ガイド

海中展望塔 全国7ヶ所完全ガイド

日本初の海中展望塔が南紀白浜温泉に完成したのが昭和44年。昭和45年に国立公園または国定公園の海域の景観を維持することを目的に、串本など全国10ヶ所の海中公園(現・海域公園)が指定され、海中展望塔が続々と建設されました。現在、北海道から沖縄

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ