伊佐沼公園

伊佐沼公園

埼玉県川越市の東部にある埼玉県内最大、関東地方でも印旛沼に次ぐ広さの自然沼が伊佐沼(いさぬま)。南北800m、東西が200mほどの沼で、南北朝時代の文和・正平年間(1346年~1370年)に伊佐氏がため池にしたことが名の由来。沼の西側に川越市が管理する風致公園、伊佐沼公園が整備されています。

7月には古代蓮が見頃に

伊佐沼公園
7月には古代蓮が沼面を飾る

昭和初期まで隅田川の支流となる新河岸川(しんがしがわ)の源流でしたが、現在では九十川の源流に。
沼は伊佐沼代用水路(入間川の萱間堰から取水)で給水されています。
旧赤間川にある伊佐沼堰(農業用水の取水堰)は、土木学会の土木遺産に登録されています。

第二次大戦の際、北半分を食料増産のために干拓したため、規模が半分になっています。
冬の間は水が抜かれ沼底があらわに。

沼の西側の伊佐沼公園には、フィールドアスレチック「伊佐沼冒険の森」、芝生広場、多目的広場、野外ステージ、じゃぶじゃぶ池、駐車場などが整備され、桜の名所にもなっています。

また伊佐沼北岸に「伊佐沼の蓮を咲かそう会」が古代蓮を生育させ、見学用のデッキもつくられています。
江戸時代には蓮見物に藩主も訪れるほどだったとかで、絶滅の危機に瀕していた古代蓮を再生させ、地道に、精力的にその復活を目指しているのです。
伊佐沼周辺田園環境保全組合も組織され、環境保全に取り組んでいます。

夏休みには『小江戸川越花火大会』の会場となり、賑わいをみせます。

名称 伊佐沼公園/いさぬまこうえん
所在地 埼玉県川越市伊佐沼沼田町584
関連HP 川越市公式ホームページ
電車・バスで 西武本川越駅 、東武・JR川越駅から西武バスで伊佐沼冒険の森下車、徒歩7分
ドライブで 関越自動車道川越ICから約7km
駐車場 200台/無料
問い合わせ 川越市公園整備課 TEL:049-224-5965
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ