大魚神社の海中鳥居

大魚神社の海中鳥居

有明海の西岸、佐賀県太良町にある3基の海中鳥居が大魚神社(おおうおじんじゃ)の海中鳥居。多良川河口の北側、有明海の海中に3基の鳥居がありますが、これが大魚神社の二の鳥居。太良町の潮の干満差は最大で6mもあり、満潮時には海の中の鳥居に。すぐ南側には干潮時にのみ現れるという太良海中道路があり、冬場の海苔の養殖などの際に使われています。

諫早茂元が大魚神社を建立

大魚神社の海中鳥居

海中鳥居は、背後の信仰の山、多良岳(たらだけ=行基が多良嶽三社大権現を祀り、空海が開いたという伝承の金泉寺があります)と沖合の沖ノ島を結ぶ線上に位置しているのだとか。

大魚神社の創立年代は不詳ですが、諫早を領有した諫早鍋島家(諫早氏)6代当主で佐賀藩士・諫早茂元(いさはやしげもと)が天和2年(1682年)に社殿を再興、元禄6年(1693年)に海中鳥居を建立しています。

太良町には悪代官が建てた海中鳥居という伝承も(『太良町誌』などによる)。
元禄6年(1693年)頃、悪代官に手を焼いた住民が代官を沖ノ島に誘って宴会を行ない、酔った代官を島に置き去りに。
酔った代官を島に置き去りにしたところ、代官は悔い改めて竜神様に助けを求め、大魚(ブリ、ナミウオとの説も)が来て代官は魚の背中に乗って無事生還。
これを祝い、大魚大明神を祀った大魚神社を創建し、岸から約2丁(200m)の海中に鳥居を建てたと伝えられています。
赤い3基の鳥居は、今も30年毎に建て替えられています(22世紀に残す佐賀県遺産にも認定)。

厳島神社(宮島)、琵琶湖の白髭神社などの海中鳥居が1基なのに対し、大魚神社の海中鳥居が3基なのは、神域の入口を表すのではなく、海の神様の参道のため。
潮が引いたときには鳥居の下を歩いて通ることもできますが、潮が満ちると、沖の鳥居は半分以上が水没します(3基の鳥居で水没位置が違うので水深がわかります)。

大魚神社の海中鳥居
名称 大魚神社の海中鳥居/おおうおじんじゃのかいちゅうとりい
所在地 佐賀県藤津郡太良町多良1874-9地先
関連HP 太良町観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR多良駅から徒歩10分
ドライブで 長崎自動車道武雄北方ICから約29km
問い合わせ 太良町観光協会 TEL:0954-67-0065/FAX:0954-67-0067
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
太良海中道路

太良海中道路

有明海の西岸、佐賀県太良町にある多良川の河口部から有明海に向かって海中に伸びる道路が太良海中道路。すぐ北側にある大魚神社の海中鳥居とともに不思議な景観を生み出しています。太良海中道路が不思議なのは、干潮時にのみ姿を表すこと。つまり、満潮とと

竹崎城(竹崎城址展望台)

竹崎城(竹崎城址展望台)

佐賀県太良町の南端、有明海に突き出すようにある竹崎島にある中世の城跡が竹崎城(竹崎城址展望台)。竹崎島の灯台の建つ東側(有明海側)の丘の上に、中世の山城と水城の性格をあわせもつ竹崎城があります。南北朝時代の永和4年・天授4年(1378年)、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ